CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」の感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加してきました。

様々な国産CMSが紹介され非常に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

個別のCMSの機能紹介は以下のエントリーにまとめております。

他にも以下のCMSのショートセッションが行われました。

会場アンケートでは「a-blog CMS」が、一番使ってみたいCMSに選ばれました。(私はPower CMS for MTに手をあげたんですけど)

「a-blog CMS」、「RCMS」、「SOY CMS」は以前にセミナーなどでお話を聞いていたこともあり、相変わらずよいCMSだなと思いました。

個人的には「CMS Designer」が一番気になりました。標準技術であるXSLでテンプレートが管理できる為、習得したスキル他の箇所に発揮できます。
また、GETの引数で条件分岐が出来る為より柔軟なサイト設計が出来そうです。私はMTでphpを書き出して条件分岐というのをよくやるので、それがデフォルトで付いているということですね。

他にも素敵な試みだなと思ったのは「Jimdo」のユーザーが拡張機能やデザイン、素材を販売できるApp Storeのような仕組みの構築予定とのこと。(セミナー中ではおっしゃってなかったですがa-blog CMSでも同様の構想があるというお話をお聞きしました)
これは多くのデベロッパーのモチベーションをあげる仕組みじゃないでしょうか。

junnamaさんの「MTでいいじゃん」も個人的に共感できる所で、新規のCMSの利用では「習得コスト」という大きな問題があるので、なかなかあれやこれやと浮気できない所です。MTを極めるというのもひとつの選択肢でしょう。

「RCMS」や「Jimdo」などSaaSで提供されるCMSも非常に気になります。サーバ代やサーバーの管理などのコストがなくなるので案件規模によってはかなりコストを抑えられるのではないでしょうか?

まとめ

ちょっと時間があいたら気になるCMSから触ってみたいと思います。

関連エントリー

6月27日 CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」開催
[感想]MT4LP5
Movable TypeとWordpressについて
a-blog cms もうすぐお目見え

スポンサードリンク

«[CSS Nite LP6] a-blog CMS | メイン | Web creators (ウェブクリエイターズ) 2009年 08月号 発売されました。»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/933
コメントを投稿