IE11が終わる日

Microsoftが「Internet Explorer は Microsoft Edge へ – Windows 10 の Internet Explorer 11 デスクトップアプリは 2022 年 6 月 15 日にサポート終了 - Windows Blog for Japan」というリリースを行いました。

よくよく読み進めていくと、これまでの「セキュリティアップデートを行なわない」といったサポート中止とは異なるすごく強制力のある発表で事実上来年以降にIE11を使った開発がほぼできなくなってしまうのではないかと感じました。

サポート終了後 にどうなるかというと FAQによるとMicrosoft Edge にリダイレクトされてしまうとのことでIE11は起動すらできなくなってしまうようです。

Windows 10における Internet Explorer デスクトップ アプリケーションを 2022 年 6 月 15 日に廃止し、サポートを終了します。この日以降、IE 11 デスクトップ アプリケーションを利用しようとすると Microsoft Edge にリダイレクトされます。
「Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了」の発表に関連する FAQ

ただ、これによりIE11のレンダリングでサイトが全く見れなくなるわけではなくMicrosoft Edgeの Internet Explorer モードという機能を利用するとIE11のレンダリングで確認することができます。

以下、トゥーアールのサイトをMicrosoft Edge の Internet Explorer モードで表示した状態です。

画像:トゥーアールのサイトをIE11モードで表示

ただ、Internet Explorer モードはFlagをonにするというだいぶ上級者向けの設定を行わないと使うことができません。

参考:Microsoft Edge の Internet Explorer モード - Office サポート

上級者向けとはいえ閲覧が可能なのでお客さんがどうしても表示したいと主張される場合には対応することもあるのかなと考えていたのですが、なんとInternet Explorer モードでは開発者ツールが使えないようです。

以下、Microsoft Edge の Internet Explorer モードで開発者ツールを表示した状態です。

Internet Explorer モードで開発者ツールを表示

「DevToosがページから切断されました。ページを再度読み込むと、DevTools は自動的に再接続されます」と表示されますがページを再読み込みしても繋がらずに開発者ツールを使うのは無理そうでした。

もしかしたら2022 年 6 月 15 日までに利用できるようになるかもしれませんが、このまま利用できなさそうな空気感は否めません。

そのため、IE11でこれまで通り開発するにはアップデートが適応されるまえのWindows 10 OSをアップデートせずに持ち続ける必要があります。

実際に昔はこのような方法で旧バージョンのブラウザ確認をするというのはよくあったのですが、昨今では中々に敷居が高いものだと思います。

そのためお客さんがどうしても表示したいと主張されてもなかなか難しいですので、我々製作者がIE11に対応するというのはほぼなくなってしまうのでないかと思いました。

2021/05/25 追記
IEChooserを利用すればIE modeのデバッグが可能らしいです。
参考: 2021-05-25のJS: IEの単体アプリとしてのサポート終了、WebContainers、User-Agent Client Hints - JSer.info

スポンサードリンク

«自宅ネットワーク高速化の道のり | メイン

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿