[CSS Nite LP6] SOY CMS

このエントリーをはてなブックマークに追加

CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」に参加してきたので、紹介されたCMSの機能や特徴を紹介します。まずはSOY CMS

デザイナーに気持ちよく仕事をしていただくCMS

「ページ」と「記事」が完全に分離されている為サイト設計が柔軟。

HTMLの属性値にテンプレートの記述が出来る為、どんなHTMLでも簡単に導入できる。

<div block:id="item_list">

テンプレートファイルをブラウザやDreamweaverのデザインビューで確認できる。

コメントアウト機能を利用してテンプレート中のあたり文字を残しておくことができる。

ページ製作者用と記事編集者用の二つの管理画面がある。

HTMLページの一部分に導入できる。

テキストや画像などのカスタムフィールドを自由に追加できる。

記事に予め雛形を用意しておけるので、担当者は雛形を修正するだけで記事を公開できる。

記事のラベル(カテゴリーのようなもの?)毎にカスタムフィールドを設定できる。

ダイナミック編集-Dremaweaverのデザインビューのように実際のサイトデザイン上から記事の編集やデザインの変更ができる。

SOY CSMと拡張機能。

様々なプラグイン

半独立のアプリケーション

メールの一括配信では過去にお問い合わせがあった人に一括配信なども可能

管理画面のカスタマイズ

管理画面もSOY CMSのテンプレートタグを利用して作成されているので管理も簡単。

オープンソース

GPLv2ライセンスで配布しているので、商用・非商用とわず無料利用可能

柔軟性の高さが必要な機能があったらどんどんご要望ください!

関連エントリー

スポンサードリンク

«7月のセミナー案内 | メイン | [CSS Nite LP6] WebRelease 2»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/938
コメントを投稿