Movable TypeとWordpressについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はMovable TypeからWordpressへの移行がはやっているようですね。

[N] Movable TypeからWordPress移行の波がくる?
ブログをMovableTypeからWordPressに移行しました - trick7
ブログをMT(3.32)からWordPressに移行しました : akiyan.com
固定リンクを変えずにスムーズにMovableTypeからWordPressに移行するまでの作業ログ

個人的にどちらも愛用しているのですが、どちらもよいCMSですよね。

ちょっと私なりにMovable TypeとWordpressの違いをまとめてみたいと思います。

Googleトレンド

ネタフルさんでも利用されているGoogle トレンドでもう少しトレンドを分析してみたいと思います。

Movable TypeとWordPressのトレンド

Wordpressのほうが圧倒的に検索トレンドが高いですね。

でも、Movable Typeユーザーは検索時に「Movable Type」ではなく「MT」と検索する方が非常に多いんです。またWordpressユーザーも検索時に「wp」と検索する方もいますよね。

Movable Type(MT)とWordPress(WP)のトレンド

「MT」の検索数が圧倒的に多いですが2008年の後半に「Wordpress」と逆転してます。
(また、MTでの調査にはかなりのノイズが混じっていると思います)

さらに、日本国内に絞りこんでみましょう。

Movable Type(MT)とWordPress(WP)のトレンド(日本)

Wordpressが一番多いですが、MTとMovable Typeを足した場合と比較するとMTのほうがトレンドが高いということになるでしょう。

まぁ、Googleトレンドからわかることは、どちらも日本国内で十分にシェア(トレンド)を獲得しているということでしょうか。

再構築

Movable Typeに不満を感じている人の多くがこの再構築でしょう。

Wordpressに移行されている方の多くがMT3.x系のユーザーなので気になっていたのですが、MT4.2で再構築がかなり高速化されています。

某案件でMTの高速化を行ったことがあるのですが、MT4.1では1時間ほどかかっていた再構築がMT4.2では20分ほどに短縮されました。

Wordpressへの移行を考える前にMT4.2へのアップデートを考えてみるのも良いかもしれません。(プラグインとか色々と問題はあるのですがね)

やはり静的に生成できるというのがMTの最大の魅力なのですから。

ただ、再構築がテンプレート開発のネックになる場合も多いです。その場合はfastDevelopmentプラグインの利用も検討してみてください。

動的生成

WordpressとMTの動的生成を比較した場合、おそらくMTの動的生成のほうがパフォーマンスがよいのではないかなと感じます。

デフォルトでテンプレートキャッシュや、ページキャッシュ、条件付きリクエストの設定が可能ですので。

ただ、MTの場合ダイナミックパブリッシングを利用した場合多くのプラグイン資産が利用できなくなるという問題もあります。

Wordpressはデフォルトではキャッシュ機能が付いていないのでプラグインを追加する必要があります。プラグインによってパフォーマンスが高いものから、ほぼ意味のないものまで存在するので、そこらへんはちゃんと選択する必要があります。

プラグイン

これはWordpressが断トツに多いでしょう。英語のサイトまで手を伸ばせば膨大な量のプラグインを利用することができます。

また、Wordpressには無料のテーマも膨大に存在するため通常のブログサービス並みにデザインを選択することができるでしょう。

英語がほとんどですが、日本語のまとめサイトも充実している為、言葉の壁はそれほどないと思います。

サポート

MTの有料ライセンスにはメールサポートが付いています。商用サイトなどではここが決め手になることも多いでしょう。

価格

MTは有料でWordpressは無料といったイメージが強いですが、MTにも無料で利用できるMTOSが存在するので、サポートやカスタムフィールドなどの有料ライセンス版のみの特典が必要ない場合は無料で利用できます。

プラグイン開発

私はMT、Wordpress共にプラグインの開発を行いますが、Wordpressの方がドキュメントが充実しているように思えます。

プラグイン開発はMTは主にperlをWordpressはPHPを利用します。

結論

正直なところ、結論はなかったりします。
両方使ってみて使いやすいほうを利用するのが良いのではないかなと思います。

関連エントリー

Movable Typeの再構築 高速化いろいろ
WordPressのエントリーでPHPを利用する方法
MTの編集画面にカラーピッカーを付けるcolorEditorプラグイン
Movable Typeで公開状態が「未公開」の際に指定したメールアドレスにメールを送るプラグイン
MTでopモディファイアを利用して複雑なレイアウトを行う

スポンサードリンク

«Adobe Creative Suite 4 最新機能紹介セミナー | メイン | 1月21日 CSS上級講座»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/983
コメントを投稿