Subversionのインストール

このエントリーをはてなブックマークに追加

Subversionのインストールから利用方法、Dreamweaver CS4との連携まで解説したいと思います。

まずはSubversionのインストールを行います。

Windowsの場合はTortoiseSVNを利用するのが、手軽で簡単でしょう。Vista、XP共に簡単にインストールが可能です。

ダウンロードページよりTortoiseSVNのインストーラーをダウンロードします。

ページ中頃にあるリンクからダウンロードを行います。

ダウンロード

TortoiseSVNのダウンロードが終了したら、さらにダウンロードページを下に移動してLanguage packsをダウンロードしておきます。ダウンロードするのは当然Japaneseです。

Language packs

ダウンロードがすんだらインストールを行っていきます。

ダウンロードしたTortoiseSVNのインストーラーをクリックしてインストールを開始します。

インストーラー

インストールウィザードが立ち上がりますのでウィザードに沿ってインストールを進めていきます。

インストールウィザード

「Next>」を選択

インストールの許可

ライセンスに同意して「I accept the therms im the License Agreement」にチェックを入れて「Next>」を選択

ディレクトリの設定

特にディレクトリの設定を行わなくても大丈夫なので、「Next>」を選択

インストール

「Install」を選択してインストールを開始します。

インストールが終了後、Windowsの再起動を行えばTortoiseSVNがインストールされています。

言語パックのインストールを行います

次にダウンロードしておいたLanguage packsのインストーラーをクリックして日本語のインストールを行います

インストール

「Next>」を選択するとインストールが開始されます。

完了

「Finish」が表示されれば日本語パックのインストールが完了です。

TortoiseSVNの日本語化

デスクトップなどで右クリックすればTortoiseSVNがインストールされているのが確認できます。

20081226_11.jpg

このままですと英語なので日本語を行います。

20081226_12.jpg

TortoiseSVNからSettingを選択します。

20081226_13jpg.jpg

SettingでLanguageで日本語を選択し、「適用」を選択します。

これで日本語でTortoiseSVNを利用することができます。

次回はTortoiseSVNの利用方法を解説したいと思います。

関連エントリー

CSS Nite in Osaka vol.12終了
Thunderbirdのバックアップ
FFFTPの最新バージョンがすごく便利
Virtual PCを使いIE6,7で検証できる環境を作る
IE版のFirebug IE Developer Toolbar

スポンサードリンク

«Thunderbirdのバックアップ | メイン | TortoiseSVNの利用方法»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/987
コメントを投稿