フリーランスの通帳事情

このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーランスのメリットの一つに「屋号付き事業用通帳」を作成できるというものがあります。

個人の場合は、通常ひとつの銀行につき、ひとつの普通口座しか作れないのですが、個人事業主は「屋号付き事業用口座」としてもうひとつ口座を作成できます。

銀行にもよるのですが、東京三菱UFJ銀行や三井住友銀行、りそな銀行などの大手では作成可能です。口座に屋号を入れらられますので「フリーランス感」を実感できます。

私は東京三菱UFJ銀行に「ニシハタカズマ」と「トゥーアール ニシハタカズマ」という二つの口座を所持しています。

さて、屋号付き事業用口座ですが作ってみたものの、いくつかメリットとデメリットがあり、今後使っていくかどうかが微妙な感じです。

メリットは個人口座とのやり取りが同行扱いになるので手数料が安いです。これを他行にしてしまうとお金の移動に結構な手数料を取られてしまいます。

デメリットはインターネットバンキングが法人扱いになり月々2,100円の手数料を取られてしまいます。年間2,6200円と考えると結構な金額ですね。(東京三菱UFJの場合)
また、契約者と通帳の名義が同じでないと振込みを行ってくれないような場合には利用できません。(その為、アフィリエイトや一部の雑誌の執筆などをやっていると入金口座の一元化が難しい)

現在はインターネットバンキングは利用せず、月に一度ほど入金確認の為、銀行に通っています。記帳のついでなのでそれほど手間はかかりませんが。

もしフリーランスになる方がいましたら、屋号付き事業用口座のメリット・デメリットを考えてから事業用口座を決めたほうがよいかもしれません。

関連エントリー

初めての確定申告
独立開業
快適・WEBクリエイター生活 フリーで年収1,000万円稼ぐ方法
Web制作会社における求人
blog名変えました→to-R

スポンサードリンク

«[書評]ちょいデキ! | メイン | Yahoo!とアフィリエイト»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1006
コメントを投稿