Web制作会社における求人

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、はやっているようですのでto-RブログにもJobボードを設置してみました。

サイドバーに設置されているブログパーツです。

Jobボードは何度か設置してみたのですが、あまりの読み込みの遅さにすぐに取り外してしまいました。

最近はJobボードを設置しているブログが増えてきて、見ている限りレスポンスもあまり気にならないようです。

試しに再び設置したところ問題なさそうですので、常用で設置を行います。

さて、私は会社勤めの際に求人担当をしていたこともあり、求人にかかるコストが高いことが中小制作会社が優秀な人材を確保できないひとつの理由だと思っています。

私の会社が利用していた媒体は、Find joben japanだったんですけども、Find jobで2週間の掲載で7,3500円、en japanで月30万くらいの費用がかかります。

その価格が安いか高いかは、各会社の状況によって変わるのですが、採用担当としては長引けば長引くほどコストがかかってしまうので、なるべく早い段階で決めてしまいたいという気持ちは変わらないと思います。

この業界の求人はタイミングに非常に左右されるので、求人期間を長く取れば取るほど良い人材とめぐり合う確立が高くなります。

この早く決めたいと、良い人材とめぐり合いたい、という考えがコストの関係でなかなか両立しにくくなります。

そこでお勧めしたいのが、このJobボード!

to-Rの場合、月額5000円で求人広告を出すことができ、1年求人広告を出してもFind jobに一回出すよりか安くつきます。

意識の高い読者の方が多いので、中長期的に出稿すれば良い人材とめぐり合える可能性は非常に高いと思います。

ただ、月間8万PVほどあり、それなりに露出も出来るのですが、基本的に求人を考えている人が見に来る媒体ではないので、急な求人などには向かないと思います。

人材でお困りの方、ぜひto-Rのジョブボード[閉鎖]をご利用ください。

会社ブログでの求人

あと個人的に求人方法で、これいいなぁと思っている方法がありまして、それが会社ブログでの求人。

livedoorディレクターBlogなどがやられているのですが、会社のブランディングになって、スタッフの教育になって、求人コストを押さえられた上、求人に応募する人も会社をよく理解できると、良い事づくめじゃないですか。

将来、求人をする(いつ?)際にはぜひ真似したいと思っています。

スポンサードリンク

«非常に美しいcoverflowスライドギャラリー『ImageFlow』 | メイン | [書評]Web担当者 現場のノウハウ Vol.10»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1115
コメントを投稿