[書評] 開発効率をUPする Git逆引き入門

このエントリーをはてなブックマークに追加

開発効率をUPする Git逆引き入門開発効率をUPする Git逆引き入門」を献本いただきました。ありがとうございます

本書はGitの入門書なわけですが、Git=黒い画面と思っている人には朗報なことに黒い画面での操作方法と合わせて、同じことをSourceTreeではどのようにすればよいかが書かれています。

SourceTreeはMacやWindowsで使えるメジャーのGitのGUIソフトです。

Gitの情報はWeb上にたくさんありますがその多くがCUI(=黒い画面)を前提にしているものが多く、GUIを利用しているユーザーには参考にならないですが、本書ではCUIのコマンドからそれをどうやってGUIで行えばよいかも逆引きすることができます。

紹介されている内容はよく使う基本的なものを網羅していますので、これからGitを始める人や始めた人、使っているけどaddとcommit、pushとpullしかわからないという人が、Gitがどんなことができるのかを知るのにちょうどよい一冊です。

導入部分はさっと終わっているので本当にGitが初めての非エンジニアはつまづいてしまうかもしれませんが、さるGitと合わせて学習すれば問題ないはず!

BacklogがGitに対応してから案件などでもGitが使われるケースが非常に増えてきており、非エンジニアでもGitを使わなくてはいけないシーンもあるので、本書が机に1冊本書があればかなり心強いはずです。

ちなみに、以下の様な内容となっております。

Chapter 1 Git の基礎知識

Chapter 2 Git の基礎知識

Chapter 3 リポジトリの操作

Chapter 4 ブランチとタグの操作

Chapter 4 リモートリポジトリの操作

Chapter 5 リポジトリ内を調べる

関連エントリー

[書評]HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド
[書評]WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック
[書評]ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩
[書評]Web制作のためのHTML5入門
[書評]よくわかるHTML5+CSS3の教科書

スポンサードリンク

«CSSスプライトを生成する「grunt-spritesmith」 | メイン | CSS Nite LP35「マルチデバイス対応 2014」に登壇します»

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿