[書評]WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック

このエントリーをはてなブックマークに追加

WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック ~JavaScript+HTML5で作るアニメーション/インタラクティブコンテンツ~ (Web Designing Books)少し前に出版社より「WebクリエイターのためのCreateJSスタイルブック」の献本をいただいたのですが、バタバタとしていて書評が遅くなってしまいました。

本書はタイトルの通り「CreateJS」についての解説が書かれた書籍です。CreateJSは個人的に今年一番注目しているJavaScriptライブラリで、簡単に説明するとFlashのActionScriptのような記述でHTML5のCanvasを記述することができるライブラリです。FlashがCCより標準でCreateJSの書き出しをサポートするなど注目度はかなり高いです。

本書の説明はオブジェクトやクラスの概念が含まれておりJavaScriptかActionScriptをある程度理解している人には非常に解りやすいのですが、JavaScriptやActionScript初心者には少し難しいかもしれません。ただ、構成やサンプルスクリプトは非常に丁寧で解りやすいので、JavaScriptやActionScript初心者の方は説明は深く読まずにサンプルスクリプトなどを読みながら学んでいくのがよいでしょう。

Chapter 01「CreateJSを始める前に」ではCreateJSのインストール、JavaScriptの基本解説、HTML5のCanvasへの描画の仕方を紹介されています。ただ、本書で触れられているJavaScriptの基本解説はホントに基本だけですのでここらへんは余り期待しないほうがいいです。

Chapter 02「CreateJS Suiteを使う」では、CreateJS Suiteの4つのライブラリについて、基本的な使い方を説明していきます。描画、アニメーション、外部画像の読み込み、マウス操作への対応、フィルタやマスク、サウンドなど、CreateJSでできる様々なことが紹介されており、ここでCreateJSの基本が学べます。

Chapter 03「CreateJSを応用する」では応用例として、数学や物理、および物理演算エンジンを使ってみます。これらの知識をCreateJSと組み合わせることで、ダイナミックでインタラクティブなコンテンツが作れますが、行列や三角関数など数学知識が結構必要になります。ここはCreateJS にかなり慣れてから読み始めるのよいでしょう。

これからCreateJSやCanvasによるアニメーションを勉強しようとしている方にはお勧めの一冊なので是非チェックしてみてください。

関連エントリー

[書評]これからはじめるIllustratorの本
[書評]ノンプログラマのためのJavaScriptはじめの一歩
[書評]Web制作のためのHTML5入門
[書評]よくわかるHTML5+CSS3の教科書
[書評]標準HTML5タグリファレンス

スポンサードリンク

«「やさしくはじめるWebデザイナーのためのjQueryの学校」が増刷されました。 | メイン | Compassで書き出すCSSファイルを軽量化する»

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿