iOS6のリモートWebインスペクタ

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone5が販売されて、それに合わせてiOS6がリリースされました。ちょっとアップデートは様子見をしようと思っていたのですが、iOS6のリモートWebインスペクタが気になったので検証用のiPhoneのiOSバージョンを4.3から一気に6にアップデートしました。

iOS6のリモートWebインスペクタの使い方

iPhoneの設定

iPhoneの設定→Safari→詳細でWebインスペクタをオンにします。

iPhoneの設定

WebインスペクタをオンにしたらSafari6がインストールされているMacとケーブルで繋ぎます。

ちなみにiOS6ではこれまであったデバッグコンソールがなくなってるのでWindowsの人はアップデートしないほうがいいかも。

Macの設定

Safariを立ち上げて開発メニューから「WebKit Webインスペクタを使用」にチェックを入れます。

リモートWebインスペクタ

iPhoneのSafariで検証したいWebサイトを開きます。そうすると「◯◯のiPhone」から現在開いているWebサイトを選択できます。

リモートWebインスペクタ

ここから検証したいサイトをクリックするとリモートWebインスペクタが起動します。

スクリーンショット 2012-09-21 11.19.38.png

ざっくりと検証してみたところ、HTMLやCSSの検証デバッグやJSのデバッグなどWebインスペクタの機能をちゃんと利用できるという感じでした。

これだけ便利だとスマホ制作にはMacが必須になりそうですね。

関連エントリー

My IP Addressを購入
Proxyデバッグソフト「Charles」がすごい
iOSシミュレータでWebインスペクタが利用できる「iWebInspector」
Google PageSpeed Insights でパフォーマンスチューニング
IEなどすべてのブラウザで使えるCSSデバッガー「Firebug Lite」

スポンサードリンク

«RSSのURLを変更しました | メイン | 10月6日にスマートフォンサイト制作実践講座を行ないます。»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/665
コメントを投稿