CSS が valid でなければいけない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

Lucky bag::blogさんが難しい、お題を投げかけている。

CSSがvalidでなければいけない理由は何かというもの。

ここでいうのinvalid(validでない状態)は記述ミス・文法ミスではなく、Safariの複数背景画像やOperaのopacityなんかの先行実装、もしくは -moz 系などのブラウザの独自実装を使うことなのでご注意。

ボクもIEのzoomなんかはよく使うので考えてみた。

似たような話だと、validなCSSハックを使おうという話もありますよね。
その理由は前方互換性を意識して、という意見が多かったように記憶している。

invalidなCSSハックを使うことにより、現時点で何か問題が発生するという訳ではない。

CSS自体もinvalidだからといって、問題が発生するという訳ではないでしょう。

ただ、今後ブラウザがどのような実装を行うかわからない為validな記述をしておけば間違いはないよねということ。

現場としては、まだ見ぬブラウザを意識して作業するのも微妙ではあるのですが、規格が統一される事を前提に作業するのはWeb標準への一つのアプローチではあるでしょう。

実際、ApolloやGoogle Gears、様々なガジェットやウィジェット、ゲームなどのブラウザでWebサイトが閲覧される機会も増えてきている。

まだ見ぬブラウザはどんどん生まれてきています。

そこら辺を考慮すると、ハックも含めCSSはinvalidよりvalidの方がいい気はします。

でも、メジャーなブラウザがちゃんとCSSを解釈してくれないんだよねって問題もありますが、5年後10年後には「あの頃はつまらないことで悩んでたよね」って思える時代がくると信じてます。

関連エントリー

画像置換に関する考え方
ボクにとってのCSSの利点
Re:正しくHTMLを書こうと心がけている人に5つの質問
XHTML+CSSに足りない5つのコト
あなたがxhtmlでサイトを作るべき10の理由

スポンサードリンク

«ネットで人生、変わりましたか? | メイン | リンク先のはてなブックマーク数を表示するブックマークレット»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1273
コメントを投稿