SeesaaからMovabletypeへブログデータを移行する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

まずSeesaaの管理画面より
『設定』→『MTインポート』を選択します。

Seesaaからエクスポートの処理にインポートと付けるのもどうかと思いますが、この画面でMovabletypeへのインポートやエクスポートが可能です。
『文字コード』に関しては『UTF-8』を選択してエクスポートボタンを押します。

『mtarchive-サブドメイン名.log』というファイルがダウンロードできます。
Seesaaでの作業はこれで終了です。
さようなら、Seesaaブログ

次にMovabletypeでインポートの作業に移ります。
FTPでMovabletypeを設置した場所に移動してmtフォルダ内に『import』フォルダを作成します。

また、mt-config.cgiの230行目の
#ImportPath ./import
のコメントアウトを消します。

最後にメニューの『読み込み/書き出し』からインポートを行います。
『カテゴリーの初期値』を設定しておけばインポートデータのカテゴリーを強制的に選択でき、設定しない場合インポートされるデータにしたがってカテゴライズします。

「エントリーの読み込み」をクリックするとインポートが開始されます。

インポート終了後再構築を行えばすべてのデータが反映されます。

※この際にInternal Server Errorが発生する場合があります。
MovableType3.2 jaではBerkeley DBにデフォルトでバグが原因でのでその場合は別記事『ムーバブルタイプをMySqlで動かす方法』を参照にして解決してください。

関連エントリー

Movabletypeの設置方法
ムーバブルタイプをMySqlで動かす方法
ムーバブルタイプでGoogleSitemapを使う。
Movabletypeエントリー時の注意事項
MovableTypeにダイナミック・パブリッシングを設定する

スポンサードリンク

«positionプロパティの考察 | メイン | ムーバブルタイプをMySqlで動かす方法»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1454
コメントを投稿