Movabletypeの設置方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

大人気のブログシステムMovabletypeをサーバーにインストールする方法を説明します。

ムーバブルタイプをインストールするにはcgiの使用可能なサーバーが必要になります。 お使いのサーバーがcgiが使えない場合はMovabletypeはインストールできません。

ちなみに当サイトはロリポップ! を使用しています。 Movabletypeのインストールマニュアルなんかも充実してておすすめですよ。

TypeKeyを取得します

TypeKeyはオンラインの認証システムです。 シックス・アパート が提供するTypeKeyサービスのアカウントが一つあれば、 Movabletypeのダウンロードの他に、 ウェブ上にたくさんあるウェブログにコメントする権限が管理できます。

シックス・アパート のサイトからTypeKeyへ移動します。
次に左上のメニューから『登録』から登録ページに移動します。
登録ページでは『必須項目[*]』を入力後『登録』ボタンを押してください。
登録後、しばらくすると登録したしたメールアドレスに確認用のメールが届きますので記載されているURLにアクセスするとTypeKeyが取得できます。

Movable Type のダウンロード

シックス・アパート のサイトからMovable Typeのプログラムをダウンロードします。
商用サイトでの利用、個人でも複数ユーザーでの利用の場合はライセンスが必要になります。
また、不特定多数で利用する場合はホスティングライセンスが必要になります。
参考(Movable Type のライセンス・価格について)

1個人で利用する場合は無償で利用できます。

無償ライセンスについてで説明していきます。
シックス・アパート で『ダウンロードページへ』ボタンを押し、
『限定個人ライセンス(無償)』リンクをクリックしてください。
『限定個人ライセンスを利用する』をクリックして、
『ライセンス契約を承諾する。』にチェックを入れて
『>>次へ進む』ボタンを押してください。
ダウンロードの画面では、『 ZIP形式 』 を選択し、
『ダウンロード』ボタンをクリックします。
Movable Type本体がダウンロードされてきますのでローカルに保存してください。

Movable Typeのインストール

Lhaplusなどの解凍ソフトを使いダウンロードしたMovable Type本体の圧縮ファイルを解凍します。

次にmt-config.cgi-originalを編集します。

設置するURLが『http://blog.webcreativepark.net/』の場合
28行目の
CGIPath http://www.example.com/cgi-bin/mt/
CGIPath http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/ に変更します。

70行目の
# DataSource /path/to/database/directory の先頭の # を外して
さらに
DataSource /サイトまでのパス/cgi/mt/db とします。
『/サイトまでのパス/』がわからない人はサーバー会社までお尋ねください。

関連エントリー

SeesaaからMovabletypeへブログデータを移行する方法
ムーバブルタイプをMySqlで動かす方法
エントリー記事のURLを固定化する。
ムーバブルタイプでGoogleSitemapを使う。
Movabletypeエントリー時の注意事項
グローバル・タグ・アトリビュートでURLエンコードする
関連するエントリーを表示する方法
atomに改行を反映させる
MovableTypeにダイナミック・パブリッシングを設定する

スポンサードリンク

«あんまり知らないけど便利なタグ達。 | メイン | 伝わるWeb文章デザイン100の鉄則»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1469
コメントを投稿