Xcode4.2インストール後にiPhone4以下のiOSシミュレータを利用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

作業環境をMac OS X 10.6 Snow LeopardからMac OS X 10.7 Lionにアップデートしたので、Xcodeのバージョンも3.2.6から4.2にアップデートしました。ちなみにXcode 4.2からまた無料でインストールできるようになっています。(続:Xcode4.2インストール後にiPhone4以下のiOSシミュレータを利用するも参考にしてください。)

Xcode4.2のiOSシミュレータを立ち上げた所、バージョンの切り替えがiOS5のみで他のバージョンを選択できません。

Xcode4.2のiOSシミュレータ

古いバージョンのiOSシミュレータを立ち上げようと色々探しているとHDに「Developer-3.2.6」というフォルダが!

「Developer-3.2.6」

以下の箇所にiPhone4.3以下のiOSシミュレータが格納されており、立ち上げることができます。

Developer-3.2.6/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iOSシミュレータ.app

※既にXcode4.2のiOSシミュレータが立ち上がっている場合は終了してから立ち上げてください。

「Developer-3.2.6」など古いXcodeのディレクトリが存在しない方は次の記事を参照
H2O Blog., iOS 4以前の iOS Simulatorをインストールするには

Xcode4.2のiOSシミュレータにバージョンの変更を追加したい場合は次のつぶやきを参照
https://twitter.com/#!/h2ham/status/135954013102424064

関連エントリー

MacのAndroid エミュレータでサイト制作
Android エミュレータでサイト制作
VMware Player2とVMWare Toolsのインストール
VMware Server のインストール
Virtual PCを使いIE6,7で検証できる環境を作る

スポンサードリンク

«display:noneの要素にGoogle Mapsを貼り付ける | メイン | 続:Xcode4.2インストール後にiPhone4以下のiOSシミュレータを利用する»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/717
コメントを投稿