MacのAndroid エミュレータでサイト制作

このエントリーをはてなブックマークに追加

MacのAndroid エミュレータでサイト制作

Mac OS X へのAndroid エミュレータのインストール方法です。Windowsはこちらを参照(Android エミュレータでサイト制作)。

Android エミュレータのダウンロードサイトよりMac OS X (intel)の「android-sdk_r10-mac_x86.zip」をダウンロード。

ダウンロードしたファイルを解凍してアプリケーションフォルダに移動、「/tools/android」をクリックしてAndroid SDK and AVD Managerを開きます。

Android SDK and AVD Manager

左メニューの「Available packages」を選択し、「Android Repository」をクリック。ダウンロードできるAPIが表示されます。

Android SDKのインストール

必要なAPIを選択して「Install Selected」ボタンを押します。

Android SDKのインストール2

Choose Packeges to Installと表示されるのでAccept にチェックを入れてインストール

Android SDKのインストール3

Android SDKのインストール3

ADB Restartが求められるのでYes

Android SDKのインストール4

これでインストールが完了です。

あとは、左メニューのVisual devicesを選択、Newボタンから新規でAVD(Android Virtual Device)を作成します。

以降の操作はWindowsと同じなのでWindows編を参考にしてください。

Android エミュレータの起動

スポンサードリンク

«「Web Intents」でTwitterの機能をサイトに埋め込む | メイン | Androidの画面キャプチャを撮る»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/774
コメントを投稿