続:Xcode4.2インストール後にiPhone4以下のiOSシミュレータを利用する

このエントリーをはてなブックマークに追加

Xcode4.2インストール後にiPhone4以下のiOSシミュレータを利用する」を書いた後、さまざまなコメントを頂いて、その中に正解な対応方法があったのでご紹介。

まずはXcodeを立ち上げ、「Preferences」を選択。

Xcode

「Downloads」の「Componets」に「iOS 4.3 Simulator」というのがあるのでそいつをinstall。

iOS4.3シミュレータ

メールアドレスを聞かれるのでデベロッパ登録(無料)したメールアドレスを記入。

これでiOSシミュレータからiOS4.3.2に切り替えることができるようになります。

iOSシミュレータ

関連エントリー

MacのAndroid エミュレータでサイト制作
Android エミュレータでサイト制作
VMware Player2とVMWare Toolsのインストール
VMware Server のインストール
Virtual PCを使いIE6,7で検証できる環境を作る

スポンサードリンク

«Xcode4.2インストール後にiPhone4以下のiOSシミュレータを利用する | メイン | jQuery逆引きマニュアルの増刷が決定(4刷)»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/716
コメントを投稿