viの基本的な使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加

サーバーの設定を変更する際に利用するviエディタの基本的な使い方です。

コマンドラインから

vi 編集したいファイル

で編集を開始することができます。

[i]を入力すると文字の挿入が可能になり、「Esc」を入力するとノーマルモードに切り替わります。

ノーマルモードでは

viの終了

:q 

保存

:w 

保存せずに終了

:q! 

行番号の表示

:set number 

などがよく利用するコマンドです。

また、

[w]次の単語に移動
[0]行頭に移動
[^]タブや空白を除くカーソル行の先頭に移動
[$]行末に移動

でカーソル位置の変更

[y 移動先]移動先までコピー
[yy]カーソル行の1行コピー
[(行数)yy]指定した行数だけコピー

[p]でペースト

[u]直前のコマンドの取り消し
[Ctrl + r]直前のコマンドの取り消しの取り消し

[? (検索語)]前検索
[/ (検索語)]後検索
[n]次の検索結果に移動
[N]前の検索結果に移動

などのコマンドもわりとよく利用します。

関連エントリー

VMware Server のインストール
VMware ServerにCentOSをインストール
CentOSの開発環境を整える
中規模サイトのサーバー移転
VistaにXAMPPをインストールする際の注意点

スポンサードリンク

«CentOSの開発環境を整える | メイン | 「 rel="canonical"」で重複コンテンツ対策»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/976
コメントを投稿