VMware ServerにCentOSをインストール

このエントリーをはてなブックマークに追加

VMware Serverのインストールは完了しましたのでCentOSをインストールしてみたいと思います。

CentOSは、Red Hat Enterprise Linuxと互換性を持ったLinux OSです。

まずはCentOSのDVDイメージをダウンロードしてます。
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.2/isos/i386/CentOS-5.2-i386-bin-DVD.iso

サイズが大きいので結構時間がかかると思います。

VMware Serverのインストールと仮想マシンの作成は終了していますので、作成した仮想マシンにCentOSをインストールしていきたいと思います。

CentOSのインストール

まずはVMware Serverを起動します。

VMware serverの起動

左メニューで作成した仮想マシン(今回はCentOS5_2)を選択します。

利用メモリが初期値では256Mですので、少し増やしておきましょう。Memoryをダブルクリックします。

メモリの追加

512Mに増やして「OK」を選択。

次にダウンロードしたCentOSのISOファイルからインストールを行います。

「CD-ROM(IDE 1:0)」をダブルクリック。

isoイメージからインストール

「USE ISO image」にチェックを入れて「Browse」を選択、ダウンロードしたCentOSのisoファイルを指定し、「OK」を選択

「Commands」にある「Start this virtual machine」をクリックしてインストールを開始します。

CDのチェック

CDメディアの検証です。今回は「Skip」を選択します。

ちなみにVMware ServerからホストOSに操作を移したい場合は「Ctrl」+「Alt」を入力します。

CentOS5インストール

「Next」を選択

言語の選択

「Japanese(日本語)」を選択して「Next」

キーボードの選択

キーボードは「日本語」を選択して「次へ」

パーティションの警告

パーティションの警告がでますが気にせず「はい」を選択

パーティション

「次」を選択

警告

「はい」を選択

ネットワークデバイスの設定

次にネットワークデバイスの設定を行います。

デフォルトはDHCPですが、これを固定IPに変更します。
ネットワークデバイスの「編集」を選択します。

固定IPの設定

(以下のIPアドレスの値はお使いのネットワーク環境により異なります。)

「Enable IPv4 support」の「Manual configration」にチェックを入れIP AddresにゲストOSに割り当てたいIPアドレスをPrefix(Netmask)にはサブネットマスクを入力します。

「Enable IPv6 support」のチェックははずしておきましょう。「OK」を選択。

ゲートウェイの設定

ホスト名には適当なホスト名を、ゲートウェイ、1番目のDNSにはデフォルトゲートウェイの値を入力します。

「次へ」を選択

タイムゾーンの設定

利用の地域を選択します。「アジア/東京」のまま「次」を選択

rootパスワードの設定

rootアカウントのパスワードを選択します。「Rootパスワード」と「確認」にそれぞれ入力して「次」を選択

インストール構成の設定

次にインストールパッケージを設定します。ここは好みによると思いますが、個人的には「Server-GUI」にのみチェックをいれて「次」を選択します。

インストール開始

インストールを開始します。「次」を選択。

珈琲でも飲みながらゆっくりと待ちましょう。

インストール完了

インストールが完了しました。「再起動」を選択してください。

セットアップ

起動したらCentOSのセットアップを行っていきます。

「進む」を選択

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの設定を行います。ローカルサーバーなので「無効」を選択し「進む」

ファイアウォール設定の確認

「はい」を選択

SELinuxの設定

SELinuxの設定、こちらも「無効」を選択して、「進む」

SELinuxの設定

「はい」を選択

Kdumpの設定

Kdumpの設定、有効にせずそのまま「進む」

日付と時刻

日付と時刻。VMwareは起動時しかOSの時刻が進まないのでとくに気にせず「進む」

ユーザーの作成

ユーザーの作成。項目を入力して「進む」

サウンドカードの設定

サウンドカードの設定、「進む」を選択

追加のCD

追加のCD、「終了」を選択

再起動

セッティングは終了しました。「OK」を選択し�

スポンサードリンク

«VMware Server のインストール | メイン | CentOSの開発環境を整える»

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿