Google Chrome 37でスマホのエミュレーションを行う

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Chrome 37になって、これまで(Google Chrome 32でスマホのエミュレーションを行う)とスマホのエミュレーション方法が若干変わったのでご紹介。

Macなら⌘ + option + i、WindowsならF12でデベロッパーツールを表示。

左上のスマホアイコンをクリック。

DeviceでModelを選ぶことができますので「iPhone 5」などの端末を選びリロードを行うとスマホのシュミレーションが出来ます。

Google Chrome 37では上記のボタンの追加以外に設定でONにしなくてもスマホのエミュレーションができるようになっています。

今回の変更は微妙ですがGoogle Chrome 38ではViewportのエミュレーションなどさらにパワーアップする予定です。

関連エントリー

Google Chromeのブレークポイント
Google Chromeでスマホサイト制作
Proxyデバッグソフト「Charles」がすごい
Google PageSpeed Insights でパフォーマンスチューニング
IEなどすべてのブラウザで使えるCSSデバッガー「Firebug Lite」

スポンサードリンク

«Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 [改訂新版] 5刷決定 | メイン | iPhone 6でのスマートフォンデザイン»

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿