Googleの検索結果に表示されるパンくずリストがmicrodataとRDFaに対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタ元:Google、パンくずリストでのURL表示にマークアップを利用可能に | 海外SEO情報ブログ・メルマガ

これまでWEBサイト所有者が制御できなかったGoogle の検索結果に表示されるパンくずリストがmicrodataとRDFaで制御が可能になったようです。

パンくずリストは次のように検索結果のURL中に表示されます。

Google リッチスニペットにパンくずリストを追加

microdataでの記述

HTML5 で策定されているmicrodataは、特定の種類の情報(レビュー、人物、イベントなど)をラベル付けする方法の 1 つです。

<div itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb">
  <a href="http://www.example.com/dresses" itemprop="url">
    <span itemprop="title">洋服</span>
  </a> ›
</div>  
<div itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb">
  <a href="http://www.example.com/dresses/real" itemprop="url">
    <span itemprop="title">ドレス</span>
  </a> ›
</div>  
<div itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb">
  <a href="http://www.example.com/clothes/dresses/real/green" itemprop="url">
    <span itemprop="title">緑のドレス</span>
  </a>
</div>

各パンくずを包んでいる要素に「itemscope itemtype="http://data-vocabulary.org/Breadcrumb"」を追加し、URLを記述している要素に「 itemprop="url"」、ラベルを記述している要素に「itemprop="title"」を追加します。これでGoogleにパンくずとして認識してもらえ、各パンくずは出現順序順に表示されるようになります(はずです)。

RDFaでの記述

RDFa もmicrodataと同様に特定の種類の情報(レストラン、レビュー、イベント、人物、製品のリスティングなど)をラベル付けする方法の 1 つです。RDFaはxmlnsを利用するため、XHTMLでも利用可能です。

<div xmlns:v="http://rdf.data-vocabulary.org/#">
   <span typeof="v:Breadcrumb">
     <a href="http://www.example.com/dresses" rel="v:url" property="v:title">
      洋服
    </a> ›
   </span>
   <span typeof="v:Breadcrumb">
    <a href="http://www.example.com/dresses/real" rel="v:url" property="v:title">
      ドレス
    </a> ›
   </span>
   <span typeof="v:Breadcrumb">
    <a href="http://www.example.com/dresses/real/green" rel="v:url" property="v:title">
      緑のドレス
    </a> ›
   </span>
</div>

各パンくずを包んでいる要素に「xmlns:v="http://rdf.data-vocabulary.org/#"」を追加し、URLを記述している要素に「 rel="v:url"」、ラベルを記述している要素に「 property="v:title"」を追加します。これでGoogleにパンくずとして認識してもらえ、各パンくずは出現順序順に表示されるようになります(はずです)。

パンくずリストの確認

入力内容がパンくずリストとして認識されるかはRich Snippets Testing Tool で確認できます。確認したいURLを送信すると

Rich Snippets Testing Tool で確認

どのようにGoogleが認識するか確認することが出来ます。

参考:パンくずリスト - ウェブマスター ツール ヘルプ

関連エントリー

WEB製作者の為のSEOチートシート
SEO対策ツールまとめ
Yahoo!JAPANがGoogle検索エンジンを採用
SEOとページ読み込み速度
「 rel="canonical"」で重複コンテンツ対策

スポンサードリンク

«Google Analyticsのカスタムレポートでもっとアクセス解析 | メイン | iPhone/iPadでダブルタップが利用できるjQueryプラグイン「jquery.event.dblTap.js」»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/828
コメント

microformatsには対応しないのでしょうかね?xhtmlでRDFaの記述だと現状通るlintがないので、microformatsでの記述が一番しっくりくるのですが、ウェブマスター ツール ヘルプには記載がないようです。
これは今後対応していく物なのか、現状ある3パターンのどれかに集約されていくのか、気になる所です。

投稿者:shokun0803 | 2010年9月 7日 17:00

>shokun0803さん

microformatsには現状パンくずリストに相当するフォーマットがない為、対応はないと思います。
フォーマットが追加されたら対応があるかもしれませんね。

投稿者:西畑一馬 | 2010年9月 7日 18:53
コメントを投稿