プログラムのコードを配色する「google-code-prettify」

このエントリーをはてなブックマークに追加

google-code-prettifyはプログラムのコードに色を付けるJavaScriptライブラリになります。

google-code-prettify

CやJava, Python, SQL, HTML, XML, CSS, Javascript,Ruby, PHP, Perlなど様々な言語に対応しております。

設置方法

ダウンロードしたprettify.cssとprettify.jsを読み込みます。

<link href="prettify.css" type="text/css" rel="stylesheet" />
<script type="text/javascript" src="prettify.js"></script>

prettyPrint()を実行します。
配布元ではonloadイベントで追加と説明していますがaddEventListenerで追加したほうがよいでしょう。

<script type="text/javascript">try{
	window.addEventListener("load",prettyPrint,false);
}catch(e){
	window.attachEvent("onload",prettyPrint);
}
</script>

配色を変更したいコードをprettyprintとclass名をつけたpre要素で包みます。

<pre class="prettyprint">
配色を変更したいコード
</pre>

サンプル

コードなどを書く際に使用すると可読性が向上するでしょう。

関連エントリー

LightBox風にコンテンツを表示するModalbox
min-width,max-width,min-height,max-heightをIEで使えるようにするjavascript
IEでposition:fixedを再現するFixed positioning
テーブルをソートできるようにするjsライブラリ-table sorting
画像に鏡面効果を与えるreflection.js

スポンサードリンク

«javascriptをoffにするとmixiが劇的に軽くなった。 | メイン | DELLのinspiron530シリーズにおけるUSB地雷»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1199
コメントを投稿