FirefoxでHTTP ヘッダを確認する『Live HTTP Headers』

このエントリーをはてなブックマークに追加

Live HTTP HeadersはFirefoxでHTTPヘッダを確認するためのアドオン(拡張機能)になります。

表示しているページのHTTP ヘッダを確認でしたら『Web Developer Toolbar』でも確認できるのですが、『Live HTTP Headers』を利用すると、ページを表示するまでに通っているページのHTTP ヘッダまで確認できます。

インストール

ダウンロードページで、インストールボタンをクリックして、『Live HTTP Headers』をインストールします。

Live HTTP Headers

インストール後にFirefoxの再起動を行います。

起動

ツールよりLive HTTP Headersを選択して起動を行います。

Live HTTP Headers

使用

立ち上がってきたLive HTTP Headersのウィンドウには現在表示しているページのHHTTPヘッダが表示されています。

リンクなどをクリックして画面を移動した際には、移動するまでのHTTPヘッダが表示されます。

Live HTTP Headers

注意点

そのままですと、CSSファイル、JSファイル、画像ファイルなどの様々なHTTPヘッダが出力されて非常に情報を探しにくいです。(検索が使えたらいいんですけどね)

ConfigでExclude URLs with regrepにチェックを入れれば、無駄なファイルが出力されません。

Live HTTP Headers

関連エントリー

Greasemonkeyを使いGoogleの検索順位を表示する方法
ブロガーの強い味方(?)It's All Text!
firefoxの便利な拡張機能

スポンサードリンク

«MovableTypeにお問い合わせフォームを設置 | メイン | mixiのjsライブラリ»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1202
コメントを投稿