京都通り名ジオコーダ『ジオどす』

このエントリーをはてなブックマークに追加

知り合いが新しいWebサービスを公開したので紹介します。京都の通り名から経度緯度を取得できるWebサービス京都通り名ジオコーダ『ジオどす』です。

京都通り名ですが、これはGoogle Maps APIでサービスを作っている場合、結構問題になってくることが多いです。わたしも以前、京都のホテルの観光案内システムをGoogle Maps APIで作成したことがあるのですが、やはりここが問題になりました。

簡単に言うと京都の方が使っている住所表記が、一般的な郵便住所と異なる為、Google Maps APIでは経度緯度が取得できません。

開発裏話によると、ほとんどの地図サービスはこの通り名に対応していません。

それを解決するのが今回紹介する『ジオどす』です。

使い方は簡単、公開されているAPIのスクリプトを読み込み、

<script src="http://geodosu.com/http://api.geodosu.com/gclientgeocoder_geodosuextension.js" type="text/javascript"></script>

通常、Google Maps APIでジオコーダを宣言する以下の表記を

geocoder = new GClientGeocoder();

以下のように変更します。

geocoder = new GClientGeocoderWithGeodosu("{APIキー}");

これで、getLatLng()時にGoogle Maps APIと照合し、経度緯度が取得できない場合は「ジオどす」で再照合が行われるようです。

免責事項によるとsearchorderを利用しない場合は1日50000リクエストまでは商用利用が可能のようです。

ニッチといえばニッチですが、必要な際は非常に便利なサービスですね。

興味がある方は試してみてください。

関連エントリー

Google Maps API ルート案内API
Google Map API にStreet View Objectsが追加
Google Map を使いこなす
Webサイトに地図が載せられる『Yahoo!地図情報API』
経度緯度 検索作りました。

スポンサードリンク

«Firefox3とESET Smart Securityでアドオンが更新できない際の対応方法 | メイン | [ASCII.jp] jQueryのイベントをチュートリアルで学ぶ»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/921
コメントを投稿