【Adobe Spry TIPS】Spryを準備する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SpryはAdobe Labsで公開されており誰でも利用できます。

BSD-Licenseで公開されているので、著作権表示を消さなければ自由に改変などして利用できる。当然、商用利用も可能である。ただし、利用時は完全に自己責任でという制約が付くので気をつけなくてはいけない。

Spryの公開ページの右上の『Down load』よりダウンロードができるので、まずダウンロードしてみよう。(本エントリー執筆時のバージョンは1.6)

Adobe Spry 01

Adobe IDをもっている方はメールアドレスとパスワードを入力してyesにチェックを入れて『continue』をクリックしてください。

Adobe IDをもっていない方はメールアドレスとnoにチェックをいれて『continue』をクリックしてください。

Adobe Spry 02

画面下部にある『Download for Macintosh and Windows (ZIP, 4.75 MB)』よりSpryのダウンロードが可能です。

Adobe Spry 03

ダウンロードしたファイルを解凍すると、様々なファイルや入っています。

それぞれ、


Spryはそれぞれの機能がパッケージ化されており、利用する際に必要最小限の構成で構築することによりサーバーのレスポンスなどに負荷がかからない仕組みになっております。

これで準備は完了です。

それでは、次回からSpryを利用してみましょう。

【Adobe Spry TIPS】 目次

スポンサードリンク

«【Adobe Spry TIPS】 Ajaxとは? | メイン | 【Adobe Spry TIPS】RSSを取得して表示する。»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1168
コメントを投稿