web標準の日

このエントリーをはてなブックマークに追加

The Day of web Standards web標準の日に参加してきました。

いろいろな方の講演を聴いてるうちに、WEBという媒体に求められているものの多さを実感しました。

特にアクセシビリティに関しては色々考えさせられました。
『WEB標準』の中でアクセシビリティの重要性は高く、そして最終目標もあまりにも高い。

どのような環境でも情報を参照できるコンテンツ作成。

私が感じることころにこれが最終形。

既存するメディアの中でこれほど重い課題を課せられているメディアはないでしょう。
(他のメディアは決まった配信方法で、ある程度絞られた対象に対して配信することを前提にしているはずですから)

ただ、WEBというメディアがそれを可能にするプラットフォームを秘めているという事。
ただ、それを可能にするにはWEBというメディアはまだまだ未成熟である事。

『標準の日』は私にweb標準が抱える多くの【目的】を定義してくれました。

ならば私はクリエイターとして、エンジニアとして【手段】を提示しなければいけない。

【手段】なくして【目的】は達成できないのだから。

今後、当サイトの中でもアクセシビリティに関する考察や技術を取り上げていくつもりです。

それは稚拙かもしれません。
間違っているかもしれません。

だけれども『アウトプット』していきます。

稚拙なものは誰かが昇華してくれればいいし、間違ったものは正してくれればいい訳ですから。

WEBというメディアが少しでも早く本当の『WEB標準』にたどり着けるよう、最大限の努力をするつもりです。

スポンサードリンク

«phpでSmartyを使う方法 | メイン | ユーザビリティを考慮したtarget windowの開き方»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1411
トラックバック内容
» [Web標準の日]、終了しました。 from The Day of Web Standards [Web標準の日]
2006年7月15日、The Day of Web Standards [Web標準の日]が終了しました。スタッフや出演者をのぞき、498人の方にご来場い...
コメントを投稿