『Firefox 1.5』登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいブラウザが登場するたびにwebの技術者は困ります。
だって、テストするブラウザが増えるんですもん。

「Firefoxが普及してるんだからNetScapeなんかなくなったらいいのに!」
とか
「バグ直さないならMacでIEなんか出すなよMicro○soft」
とか愚痴りながら仕事をしてる身分には大変すぎます。

それになんかいやな機能も追加されてるようです。

新機能の中で1つ興味深いのは、Firefox に対応していない Web サイトをユーザーが報告できるウィザード機能だ。
Mozilla Foundation のマーケティング担当ディレクタ Paul Kim 氏によると、Firefox 非対応サイトについてユーザーが送った情報は、長年にわたり同団体に協力してきたコミュニティメンバーであるボランティアの「エバンジェリスト」が受け取り、該当サイトのオーナーや運営企業に連絡を取るという。
同氏は次のように語った。「エバンジェリストは、Firefox に対応するための手ほどきを行なう。Firefox の人気や拡大しつつある市場シェアを考えれば、企業もコンテンツプロバイダも喜んで協力してくれる」

・・・・・それはひどくないですか?
過去の案件とかも直せってことですか?
クライアントさんごめんなさい。
自分で過去のサイト確認して申請しときます。
で、リニューアルとか提案してみよう。。。

スポンサードリンク

«MacIE用のHolly hack | メイン | Google Sitemapを使いこなす»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1497
コメント

逆に、自分のサイトがちゃんと表示されないからFirefox側を直せって、
連絡入れるのはどうでしょうか。

投稿者:S.M | 2005年12月 2日 08:23

いや、
正直Firefoxの場合cssの解釈のバグはあまりないんですよね。
解釈が厳密すぎてちょっとのミスも見逃してくれないって傾向の方が強いんですよ。

正しいものに対して文句なんて言えません。

個人的にはIEくらいのアンニュイな解釈がすきなんですけどね...

投稿者:西畑 | 2005年12月 5日 01:07
コメントを投稿