Google、噂の IM サービスを公開【Google Talk】

このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleがIM(インスタントメッセンジャー)サービスに参戦ですね

yahooやMSNが結構シェアを獲得している分野でGoogleがどんだけ対抗できるのやら楽しみといえば楽しみです。

画面はかなりシンプル!
やはりコアなインターネットユーザーに絞り込んできてるので結構いい感じのデザイン

社内とかのIMには良いかも。

ただ英語のβ版のようで早く日本語版も出して欲しいものです。

検索大手の Google ( NASDAQ:GOOG ) が、また検索以外の新サービスを開始した。今回投入したのは、かねてから噂のあったインスタントメッセージ (IM) サービス『 GoogleTalk 』だ。
Google が IM 製品を発表するという噂がインターネットの掲示板や Blog に流れ始めたのは、今から約1年前のことだ。
当初、24日にも公開するのではと一部報道が伝えたが、わずかに先行して23日深夜の公開となった。公開した IM クライアントは Windows 版のみだが、憶測通りオープンソースの Jabber/XMPP プロトコルに対応しているため、Apple の『iChat』など、同じく XMPP に対応した他の IM ユーザーとも通信できる。ただし音声通信については、Google Talk 同士の場合だけ可能だ。
このほどベータ版が公開となった Google Talk については、今週に入って観測筋からの情報が出始めていた。それによると、オープンソースの IM ツール『Gaim』、あるいは複数の IM ネットワークを透過的に利用できる IM クライアント『Trillian』を使い、「talk.google.com」というドメインで XMPP 経由の接続要求を試みたところ、何らかの反応があったという。この時点ですでに Google は水面下でのテストを行なっていた模様だ。
公衆 IM 市場はユーザーの固定化傾向が強く、AOL、MSN、および Yahoo! が以前から主要プロバイダの地位を確立しているが、Google の Jabber ベース IM 製品なら、これら競合と十分渡り合っていく可能性は高い。Jabber 技術は公衆 IM 市場ではまだほとんど普及していないが、企業向け IM の市場にはすでにかなり浸透している。Jabber/XMPP 技術を採用している企業としては、IBM、Hewlett-Packard (HP)、Sun Microsystems、および Oracle などがある。

関連エントリー

無料のウィルスソフトもあるGoogle Pack
無料の写真編集ソフトPicasaを使ってみる
Google Map を使いこなす
Google Sitemapを使いこなす

スポンサードリンク

«SEMとは | メイン | window.onloadについて»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1519
コメントを投稿