PHPで連想配列を使ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

連想配列は通常の配列と同じで一つの変数で複数のデータを扱うことができます。

通常の配列が変数の引き出しの通し番号で管理してるのに対して
連想配列は個々の引き出しにそれぞれの名前を付けて管理します。

【ソース】

<?
$array[ringo]="りんご";
$array[mikan]="みかん";
$array[budou]="ぶどう";
echo "$array[ringo]の中身は".$array[ringo]."です<br>";
echo "$array[mikan]の中身は".$array[mikan]."です<br>";
echo "$array[budou]の中身は".$array[budou]."です<br>";
?>

と入力すと
【ブラウザ】

$array[ringo]の中身はりんごです。
$array[mikan]の中身はみかんです。
$array[budou]の中身はぶどうです。

と表示されます。

引き出しは俗に配列のkeyと呼ばれており任意の文字列を設定できます。

【ソース】

<?
$array = array('ringo'=>'りんご','mikan'=>'みかん','budou'=>'ぶどう');
?>

で一度で連想配列を作成する事も可能です。

より複雑なロジックを再現する上で欠かせない物なので、是非覚えてください。

関連エントリー

WEBデザイナーの為のXSS(クロスサイトスクリプティング)入門
PHPで配列を使ってみる
配列の中に配列を入れる-多次元配列-
printf()
Re:PHPで誰でも簡単Webサービス製作!でなんか作って公開した奴ちょっと来い

スポンサードリンク

«テンプレートコンテスト2005開催中 | メイン | 配列の中に配列を入れる-多次元配列-»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1530
コメントを投稿