変数を使ってみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プログラムで基本になってくる物で変数というものがあります。
変数と聞くと数学でならったxやyを思い出す人が多いと思いますが、まさにそれです。

xに色々な数字が入っていたのと同じように、数字や文字列を格納するものとして変数を使用します。
phpの大きな特徴の1つとして変数が一目でわかります。
$strなど『$』が付いている文字列が変数です。

変数に文字を格納する方法は
変数=変数に入れるもの;
と記述します。
phpは基本的に行の終わりに『;』と記述します。
【php】

<?php
$str="変数に文字を入れてみました";
print $str;
?>

と書いてサーバーにアップしてみてください。
【ブラウザ】

変数に文字を入れてみました

と出力されます。

変数は『.』を使って変数を結合して出力したり別の変数に格納したりできます。
【php】

<?php
$str1="文字1";
$str2="文字2";
$str3=$str.$str2;
print $str.$str2;
print "<br>";
print $str3;
?>

【ブラウザ】
文字1文字2
文字1文字2

関連エントリー

数値かどうかのチェック
phpでSmartyを使う方法
プログラマに・・・プログラムが書けた
PHPでQRコード生成
ふつうのリロード対策

スポンサードリンク

«PHPの基本 | メイン | if文を使ってみる»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1552
コメントを投稿