新MacBook ProにインストールしたMacアプリ24

このエントリーをはてなブックマークに追加

数年使ったMacBook AirをMacBook Proに変更しました。いろいろなアプリをクリーンインストールしたのでインストールしたアプリをまとめて紹介します。

Google Chrome

最近は日常のブラウジングでも開発でもほとんどGoogle Chromeを利用しているので、まずはこれをインストールしないと始まりません。

Firefox

検証用などでたまに利用するのでFirefoxもインストール。

Thunderbird

7年近く使っているメールソフト。何度か他のメールソフトに乗り換えようかと思ったけど結局移行できず。スマホなどの他デバイス用にGmailと併用して使っています。

1Password

これまで共通パスワードを使いまわしてたけど、昨年はAdobeとか情報流出が多くて心配になったので導入したパスワード管理ソフト。iPhone版/Android版と合わせて利用しています。

Skype

Skype。業務の連絡などでたまに利用するのでインストール。

Google 日本語入力

標準のことえりは使いにくいのでGoogle 日本語入力をインストール。

Dropbox

旧MacBook AirのデータはほとんどDropboxで管理しているので、データ移行も含めてDropboxが大活躍です。

Adobe Creative Cloud

お仕事でPhotoshopやillustratorはよく利用するのでひとまずCreative Cloudもインストール。

Parallels Desktop 9

これまでVMware Fusionを利用していたのですが、日本の代理店が撤退したのでParallelsに変更。手持ちの検証環境であるWindows XPや、modern.IEを利用してWindows 7、Windows8.1をインストールしてIEの検証環境も万全です。

Xcode

Xcode。iPhoneアプリの作成のみだけでなく、iOSシミュレータでWebアプリのデバッグを行ったりできます。iOSシミュレータは以下のディレクトリにあるのでDocなどに入れておくと簡単に利用できます。

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Platforms/iPhoneSimulator.platform/Developer/Applications/iOSシミュレータ

また、メニューのXcode > Open Developer Tool > FileMergeから開くFileMergeもdiffツールとしてよく利用します(Xcode4.5からスタンドアローンアプリとしては利用できなくなった模様)。

Android SDK

Android 開発用のEclipseやAndroid Emulatorが入っており時々利用するのでインストール。

RemoteTestKit

様々なスマホの検証ができるアプリ。アプリは無料ですが利用時には450円/30分のチケットが必要です。

Sublime Text 2

業務で一番使っているアプリはやっぱりエディタです。Sublime Text 3のβが出ているけどおいきれてないのでひとまずはSublime Text 2。3は安定してから購入予定。有料です。

mi

HTML/CSSやJavaScriptの開発はSublime Text 2 を利用していますが、書籍や雑誌などの書物はmiエディタで書いてます。文字数カウントがあるという理由で使い始めたのですが、今ではエディタを変えて脳みそを切り替えるという理由で利用しています。

Transmit 4

FTPクライアント。

ImageOptim

PNG画像の圧縮などに利用するソフト。

ImageAlpha

PNG画像やJPG画像の色数を減らして圧縮してくれるソフト。ImageOptimでは物足りない際に利用します。

My IP Address

PCのIPアドレスを表示するソフト。

参考:My IP Addressを購入

MAMP

Mac上にサーバーをインストールするソフト。

Charles

デバッグプロキシーソフトのCharles。iOSアプリの開発なんかの際に結構利用します。

参考:Proxyデバッグソフト「Charles」がすごい

Cowsee

日付などを指定して差分ファイルを抽出できるソフト。Adobe AIRで動いているのでAdobe AIRがインストールされていない場合はAdobe AIRもインストールされます。

WinArchiver Lite

Mac用の圧縮ソフト。Mac用の不要なファイルを削除してくれるので圧縮ファイルをWindowsユーザーに送る際に重宝します。

The Unarchiver

Mac標準の解凍ソフトでは解凍できないファイルも解凍できるソフト。

AppCleaner

Macでソフトウェアをアンインストールする際に関連ファイルもあわせて削除してくれるソフト。

GUIアプリはひとまず以上のものをインストールしました。次回はインストールしたCUIソフトを紹介します。

スポンサードリンク

«[書評]HTML5マークアップ 現場で使える最短攻略ガイド | メイン | [セミナー情報]エラー・デバッグから学ぶJavaScript / jQuery入門»

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿