JavaScriptライブラリをbowerに登録する

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日公開したjQueryプラグイン「jquery.heightLine.js」をbowerに登録したので、メモがてら登録方法をご紹介。

bowerとは?

Twitter社が出しているJavaScriptライブラリなどのパッケージを管理するパッケージマネージメントシステムです。登録されているJavaScriptライブラリを依存するライブラリなどを含めてダウンロードしてくれます。

登録できるライブラリは?

GitHubなどで公開しているライブラリは簡単に登録できます。

登録方法

まずはmanifest用のJSONファイルを作成します。jquery.heightLine.jsではbower.jsonという名前で以下のような内容で登録しています。ignoreにインストール時に必要ないファイルやdependenciesで依存するライブラリとバージョンが指定できます。

{
  "name": "jquery.heightLine.js",
  "version": "1.0.0",
  "main": "jquery.heightLine.js",
  "ignore": [
    "sample",
    "README.md",
    "LICENSE"
  ],
  "dependencies": {
    "jquery": "~1.7.0"
  }
}

manifest用のJSONファイルを作成したらcommitしてpushしておきましょう。

次に、git上でバージョンがタグ付けされている必要があります。タグ付けしていない場合は以下のコマンドなどでタグ付けしてpushしてください。

git tag 1.0.0
git push origin --tags

タグはsemverによるバージョンを指定しなくては行けません。

最後に、次のようなコマンドでライブラリを登録します。(既にbowerがマシンにインストールされている前提です。)

bower register <ライブラリの名前> <リポジトリのURL>

jquery.heightLine.jsでは以下のようなコマンドとなります。

bower register heightLine git@github.com:to-r/jquery.heightLine.js.git

名前が早い者勝ちで既に登録されている場合は別の名前を指定して下さい。

こうしておくことでbowerユーザーは以下のコマンドでjquery.heightLine.jsを簡単にダウンロード・インストールすることができます。

bower install heightLine

参考:bower component、さくっと公開して広めよう - Qiita [キータ]

スポンサードリンク

«レスポンシブWebデザインに対応した「jquery.heightLine.js」 | メイン | Web制作の現場で使う jQueryデザイン入門 [改訂新版] 3刷決定»

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿