HTML5が使えるスマートフォンOS

このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML5が使えると言うと少し言いすぎですが、headerなどの新要素に対してdisplay:blockが指定されているOSです。

iPhoneなどではiOS4.0以上から、Androidでは2.2からdisplay:blockが適用されています。

それ以下のバージョンでHTML5を利用したい場合は、

article, aside, figure, footer, header,hgroup, nav, section {
	display:block;
}

といったdisplayの指定が必要です。

Safariや最新のiPhoneで検証してたら忘れがちになりそうなのでメモ。

追記:@hilokiから「dialogはもう抜きでよろしいかもです!」と指摘いただいのたで削除しました。そういえばこいつはHTML5から削除されたんですよね。

スポンサードリンク

«CSS3でボックスの高さで可変する45度の角度のグラーデーション | メイン | iPhoneで特定のzoomとfont-sizeの際に文字サイズが拡大するバグ»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/779
コメントを投稿