HTML+CSSコーディング ベストプラクティス発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML+CSSコーディング ベストプラクティス 高速かつ堅牢なコードを効率よく書くために本日、MdNよりこもりさんhamashunさんと書かせていただいた新著書「HTML+CSSコーディング ベストプラクティス」が発売になりました。

「基礎」、「設計」、「開発効率」、「高速化」、「多様な技法」の5章に分かれており、私は2章の「設計」と5章の「多様な技法」について執筆しております。

本書はHTML+CSSはちゃんと書ける人を対象に、その次は何を考えれば良いのかというのをテーマに書かれています。

タイトルに「ベストプラクティス」を冠していますが、一律にこの方法がよいとおススメしている書籍ではありません。メンテナンス性を考慮した際や、パフォーマンスを考慮した際、チームでの作業を考慮した際など様々な条件化でのベストプラクティス(そしてデメリット)を紹介しています。プロジェクト毎に取捨選択し、結果としてベストプラクティスを導き出せるようになっています。

興味がある方はぜひ書店などで手に取ってみてください。

スポンサードリンク

«jQueryでiPhone/iPadの向きを検出する | メイン | 9月・10月セミナー情報 [香川]»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/833
コメントを投稿