[ASCII.jp]CSS3のセレクターで作るストライプテーブル

このエントリーをはてなブックマークに追加

ASCII.jpの連載「Web制作の現場で使えるjQuery UIデザイン入門」で第12回 CSS3のセレクターで作るストライプテーブル が公開されました。

今回からは応用編ということで、実践的なサンプルを作っていきます。

CSS3を利用したストライプテーブルの作成方法と、テーブルの行や列のハイライト表示について解説しています。

ストライプテーブルはオーソドックスなテクニックですが、ハイライト表示に関してはかなりよい感じのTIPSかなと思います。

興味がある方はぜひ一度ご覧になってください。

関連エントリー

[ASCII.jp]jQueryによるアニメーションエフェクトの基本
[ASCII.jp] jQueryでAjaxを利用する基本チュートリアル
[ASCII.jp] jQueryによるフォームのデザインの基礎
[ASCII.jp] jQueryのイベントをチュートリアルで学ぶ
[ASCII.jp]サンプルで学ぶjQuery:(X)HTML/CSSを操作する
[ASCII.jp]初めてのjQuery:セレクターAPIを一挙解説

スポンサードリンク

«[ASCII.jp]jQueryによるアニメーションエフェクトの基本 | メイン | MTで検索結果(タグページ)の表示件数を変更する。»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/914
コメントを投稿