[書評]PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際

このエントリーをはてなブックマークに追加

PHPサイバーテロの技法―攻撃と防御の実際タイトルからハッカーの為の本のように思えますが、よりセキャアなプログラムを書く為の、PHPプログラマーの為の一冊です。

本書で紹介されている、よくあるWebアプリケーションの脆弱性は以下の通り。

代表的な脆弱性ですけれども、どれも知らなければ防ぐことは出来ないのはもちろん、防ごうという発想すら思い浮かばないのが多数あります。

クラッカーと呼ばれる人たちの大半は、これらの脆弱性を見つけて攻撃を行ってきます。ですので、これらさえ気をつければ、限りなくセキュアに近いWebアプリケーションの開発が可能になります。
(完全にセキュアなプログラムを開発するのは無理ですが)

PHPで開発を行うなら必読の一冊ではないかと。

関連エントリー

PHPの欠点
ふつうのリロード対策
WEBデザイナーの為のXSS(クロスサイトスクリプティング)入門

スポンサードリンク

«PHPの欠点 | メイン | 百度(ばいどぅ)»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1120
コメントを投稿