MovableType4でCGIPathを設定

このエントリーをはてなブックマークに追加

MovableType4でインストールが簡易化されているけども、『mt-config.cgi』のCGI Pathも手動で設定しておいた方がよさそうです。

問題になるパターンは少ないと思うけど、デフォルトテンプレートで<MTCGIPath>タグを使っている箇所があるので、テンプレートを出力するURLとMTをインストールしたURLが異なる場合、検索などでエラーが発生する。

mt-config.cgiをFTPでダウンロードして16行目の

CGIPath        /cgi/mt/

を以下のように変更

CGIPath        http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/

スタイルキャッチャーなどを使用した場合に不具合が出るので、StaticWebPathも設定しておいたほうが良い。

mt-config.cgiをFTPでダウンロードして17行目の

StaticWebPath        /cgi/mt/mt-static/

を以下のように変更

StaticWebPath        http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-static/

MovableType4なかなか手ごわい。

スポンサードリンク

«min-width,max-width,min-height,max-heightをIEで使えるようにするjavascript | メイン | Web屋さんのためのMovable Type4»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1207
コメントを投稿