【SEO対策tips】サイト更新頻度

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索エンジンは更新頻度が多いサイトに関して、情報の新しいサイトとして検索結果に優先的に表示する傾向があります。

検索エンジンは更新頻度が高いサイトに関しては、通常のクローラーとは別に『フレッシュクローラー』と呼ばれるクローラーを巡回させます。

ニュースサイトなど毎日更新されるサイトは、フレッシュクローラーが毎日巡回し最新の情報が検索エンジンの検索結果にに表示されるようになっております。

このフレッシュクローラーですがseo対策を施す場合にとても便利で
『SEO施工をする』→『検索結果に反映される』
のターンがとても短くなる為、色々試す事ができます。

実務作業上でのサイト更新

SEO効果を高めるためだけにサイトを更新するのではなく、同じユーザーが何度も訪問しくれる仕組みを用意すれば、SEO効果だけでなく売り上げに繋がるサイトになるでしょう。

『社長blog』や『店主blog』などのものをコンテンツに用意するのもよいかもしれません。

webサイトは鮮度が大事です。
検索エンジンやユーザーが頻繁に来たいと思うサイト作りを心がけましょう。

スポンサードリンク

«【SEO対策tips】キーワード突出度 | メイン | 【SEO対策tips】キーワード近接度»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1381
コメントを投稿