【SEO対策tips】キーワード出現頻度

このエントリーをはてなブックマークに追加

webページ内に占める総出現キーワードにおける特定のキーワードの出現回数の割合をキーワード出現頻度といいます。

キーワード出現頻度(%)=特定キーワード出現数/総キーワード出現数*100

なお webページのキーワード出現頻度はボクがSEO対策TIPSで公開しているキーワード出現頻度解析を使用すると簡単に調べる事ができます。

検索エンジンは特定のキーワードの出現頻度が高いwebページを、特定のキーワードと関連性が高いWEBページと判断して、特定キーワードで検索された際に上位に表示数する傾向があります。

webページ内に目標キーワードを多く出現させることにより高いSEO効果が得られます。
ただし、過度にキーワードを埋め込むと検索エンジンはスパムと判定しwebページを検索エンジンの検索結果に表示しないようにします。

SEO対策上、キーワード出現頻度を意識する場合は、多すぎず少なすぎないように配置するのが基本になります。

最近の傾向ではキーワード出現頻度は3~6%程度で抑えるのがよいでしょう。

ただ出現回数が他のキーワードより不自然に多い場合は5~6%でもスパムとみなされる場合があります。

不自然にキーワードを埋め込まず、以下のように自然な文章の中にキーワードを埋め込むよう努力しましょう。

代名詞を使わず記述する

代名詞(それ、これ、あれetc)などを使わずに名詞を使用することによりキーワード出現頻度を高める事ができます。

×これを調節するとseo効果が高いですよ
キーワード出現頻度を調節するとseo効果が高いですよ

主語を省略せず記述する

主語を省略せずに記述する事により、主語のキーワード出現頻度を高める事ができます。
説明の主旨などが主語に含まれる場合は省略せず記述するようにしましょう。

×調節するとseo効果が高いですよ
キーワード出現頻度を調節するとseo効果が高いですよ

見出しなどににキーワードを追加する

説明文中に意図的にキーワードを増やそうとする場合、説明が意味不明な内容になる場合があります。
説明文などよりかわ見出しなどの方が自然にキーワードを追加できます。

また、見出しはli要素やh要素に記述される事が多いのでhtml的にもseo効果が高い場所と言えるでしょう。

(本エントリーもタイトルの前に『SEO対策tips』といれてキーワードを増やしております)

×詳細情報
SEOに関する詳細情報

キーワード出現頻度のまとめ

検索エンジンを相手しようとせずに、サイトを訪れた人にサイトの主旨をアピールする気持ちでキーワードを増やしてください。
不自然にキーワードがちりばめられたサイトよりも、自然にキーワードがちりばめられたサイトの方がお客さんも安心してサイトを見る事ができます。
あなたのお客様は、検索エンジンではなくサイトを訪れた人ということを忘れないようにキーワード出現頻度を変更しましょう。

スポンサードリンク

«【SEO対策tips】最適化された(x)html-あまり重要ではないが意識したほうがよい要素 | メイン | 【SEO対策tips】キーワード突出度»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1383
コメントを投稿