【SEO対策tips】最適化された(x)html-title要素

このエントリーをはてなブックマークに追加

title要素に記述しているキーワードがseoに対して重要な影響を与えます。

title要素に対してseo対策を施す場合には以下のようなことに気を付ける必要があります。

キーワードの長さ

titleに入れるキーワードの長さですがxhtml上は制限はないのですが、rfc1866(HTML2.0の仕様書)では『64文字以内にすべき』とされています。
また検索エンジンに関してGoogleなら全角20文字(半角40文字)を、Yahoo! JAPANは全角40文字まで超えるものは省略して表示されます。

全角20文字以内で簡潔な文章(どのようなページか一目でわかる)が望ましいと思いますが、長すぎてもseo上問題ありません。

キーワード突出度

title要素内のどれだけ先頭にキーワードが配置されているかでseo効果が変わってきます。

<title>☆☆seo対策tips☆☆</title>;

<title>seo対策tips></title>

後者の方がキーワード突出度が高く『seo対策』というキーワードで重要なページと判断されます。

キーワード頻度

title要素全体における、そのキーワードが占める割合が高いほどseo効果が高くなります。

<title>☆☆seo対策tips☆☆</title>;

<title>seo対策tips></title>

前者の『seo対策』というキーワードでのキーワード頻度が36%であるのに対して、後者のキーワード頻度は63%になます。
つまりキーワード頻度が高い後者の方が、seo効果が高いと判断されます。
また、半角スペースはキーワード頻度にはカウントされないので、複数のキーワードを連結する場合は・(中黒)や/(スラッシュ)ではなく半角スペースで連結するとよいでしょう。

あまり複数のキーワードを盛り込むと個々のキーワードが頻度が下がるため、個々のキーワードではseo効果が低くなります。
(キーワード頻度に関してgoogleはさほど重要視しませんがYSTは重要視します)

また、
サイト内すべてのページで同じtitleを使用せずそれぞれのページでページにあったtitleを記述するようにしましょう。

スポンサードリンク

«【SEO対策tips】最適化された(x)html | メイン | 【SEO対策tips】最適化された(x)html-meta要素»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1392
コメントを投稿