【SEO対策tips】seo効率の良いキーワードの選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加

seoをメインでかけるキーワード(ビッグキーワード)を選びます。

ただ、ビッグキーワードの選定に関しては単純にはマニュアル化できず、試行錯誤することにより最大の効果を発揮します。

キーワードに求められるものは

  1. よく検索されるキーワード
  2. ライバルの少ないキーワード

になります。

1に関してはキーワードアドバイスツールというツールを使って測定することができます。
キーワードを入力してボタンを押すと先月(もしくは先々月)にYahoo Japan上で入力したキーワードが何回検索されたわかります。

2に関してはgoogleやyahooで検索を行った際に表示される
○○の検索結果のうち 日本語のページ 約 109,000 件中...
の件数を見るのが一般的です。
そのキーワードが登場するwebページが多い=ライバルが多いという考えです。

1と2の結果を元にそのキーワードの有効度を見る公式があります。
KEI(Keyword Effectiveness Index:キーワード有効性指標)と呼ばれるもので

KEI=検索回数^2/ 競合者数

で計算が出来ます。
この数値が大きいほどseoにおいてより効果的なキーワードであることになります。

ただ問題点としてはライバルサイトのSEOの強さを計算に入れてないことです。
(10サイトしかライバルがいないある程度検索されるキーワードはかなり高いKEIをたたき出すことになりますが、実際その10サイトがあなたのサイトより強いseo対策が施されている場合、あなたのサイトが検索結果の1ページ目に表示されることはありません。)

KEIで有効度を計った後に、キーワードの検索結果1位のサイトのseo対策の度合い(簡単に調べるのにはPageRankを調べると良いです)を図るのも重要です。

また、Google AdWords キーワード ツールを類義語やよく一緒に検索されるキーワードを調べる事ができるのでそのキーワードでもseo有効度を調べてより確かなキーワードを使うようにしましょう。

ただこれらの手法でそのキーワードの有効度を調べることはできますが、
そのキーワードを選ぶのはあなたになります。

エンドユーザーがどのような言葉を検索するかを試行錯誤して考えてみてください。

スポンサードリンク

«【SEO対策tips】SEOにおけるwebサイトマーケティング | メイン | 【SEO対策tips】2つの視点からのseo»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1395
コメントを投稿