株式会社トゥーアールの2021年を振り返る

今年の最終営業日なので一年を振り返ってみたいと思います。

人員の入れ替え

2021年は10人のスタッフでスタートしましたが1月に1名増え、2月に1名増え、8月に1名減り、10月に1名減り、12月に1名増えるという、これまでで一番人の入れ替えが多い年でした。

昨年がまったく増減がなかったのでエンジニアの人材市場が活発化しているということで、コロナの影響が仕事面では払拭されており業界的にはよい傾向だと思います。

来年1名増えることも確定しておりますが無理のないように規模は拡大していきたいと考えております。

事務所減床

コロナ前からリモートワークを行っていたこともあり、コロナ禍ではほとんど出社するスタッフがいないので2部屋借りていたオフィススペースを1部屋解約して事務所減床をおこないました。

そのときの状況はこちら(事務所減床|Kazuma Nishihata|note)を参考にしてください。

お仕事

これまで、Reactがメインでしたが少しづつNext.jsがメインにシフトしてきています。

フレームワーク別の案件割合は以下のようになります。(規模がまちまちなので12人月を超えるような案件は大規模としています。)

React案件 5件(内大規模3件)
Next案件 3件(内大規模1件)
Vue案件 1件(大規模)
Nuxt案件1件
Angular案件 1件(大規模)

ほかにもコーディングのみの案件やWordPress案件など多数のお仕事をいただきました。

また、これまでのトゥーアールの案件傾向としてはメガベンチャーやベンチャー支援が多かったのですが、官公庁のシステムやサイト開発などのご依頼をチラホラといただくようになり時代の変化を感じられたのも今年の特徴でした。

まとめ

いろいろとありましたが今年1年ありがとうございました。
来年はオフラインのイベントなどが開かれるぐらい世の中の状況がよくなっていると良いなと思いつつ、引き続き頑張っていきたいと思います。

過去の振り返り

2020年の振り返り(Facebook)
2018年の振り返り

スポンサードリンク

«Jestでマークダウンを読み込みテストをする | メイン