株式会社トゥーアールの2018年を振り返る

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の最終営業日なので一年を振り返ってみたいと思います。

トゥーアールは2016年の2月に設立をしていますので設立後の1年10ヶ月〜2年10ヶ月までの状況です。

スタッフ数

スタッフは4名からプラス3名の7名に増加しました。
取締役副社長として@ANTON072に参画いただき会社としての可能性がすごく広まったと感じた1年でした。

来年も3名ぐらい採用して10名の規模を目指したいですね。(1月から1名増えるのは確定済み)

いったん中止していた求人も来年から再開する予定です。

事務所とか働き方

スタッフの増加にともなって事務所を増床しました。
この時の状況はnoteに記載しています。

このときは計算上15人まではいると書いていましたが、実際は8名ぐらいの座席を用意したタイミングで手狭になり結構きつくなってきました。

引っ越しなどはすこし面倒くさかったので、会社としてこれまで行なってきたリモートワークを強く推奨する形に変更しました。
そうすると事務所には2〜3人ぐらいしかいない状態になり人口密度はそれほど気にしなくても良い状況になったのが現状です。

課題として社内のコミュニケーションが著しく減ってしまったので、来年は社内勉強会や開発合宿などを実施してコミュニケーションしながら成長できる仕組みをつくっていけたらと考えています。

また、時短社員という週3日のフルタイムではない働き方をするスタッフも登場しました。会社としてはこういった柔軟な働き方に対応できるようにしていきたいと思います。

お仕事

2017年はAngular案件1色でしたが2018年はReact案件が大幅に増加して以下のような件数の案件を行いました。
(規模がまちまちなので12人月を超えるような案件は大規模としています。)

Angular案件 1本(大規模)
Vue案件 2本(うち1件は大規模)
React案件 14本

ほかにもコーディングのみの案件やMovableType案件、WordPress案件など多数のお仕事をいただきました。
ありがとうございます、来年も引き続きご贔屓にお願いいたします。

イベント登壇

合わせて5回ぐらいのイベントに登壇したスタッフがいます。

- 新潟グラム2018 Vol.1
- 初夏のJavaScript祭 in サーキュレーションビル ForPro
- デジタルハリウッド大学 初夏のオープンキャンパス2018
- MTDDC Meetup HOKKAIDO 2018
- CSS Nite LP58「Coder’s High 2018」

会社としてはイベント登壇を支援する仕組みを作っており講演料のみだと割に合わないイベントが多いので少しでも会社で援助するため、登壇するイベント規模によって登壇ボーナスを支給しています。

- 20人以のイベント 20,000円
- 100人以上のイベント 30,000円
- 200人以上のイベント 40,000円
- LT(10分以下)のイベント 10,000円

2018年はこれに加えて「地方登壇支援」として地方でイベントに登壇した際に40,000円の登壇ボーナスを支給する仕組みを追加いたしました。
地方でイベントを主催されている人が、東京から講演者を呼ぶ際に移動宿泊費がネックになっているのを会社として支援したいという思いからできた仕組みです。

地方(関東以外)でイベントを主催されていていてうちのスタッフに登壇して欲しい人は、移動宿泊費は出せないですが地方登壇支援を活用して喋りに来れないですかね?とお気軽に相談してください。

社員旅行

社員旅行で草津・軽井沢に行きました。この時の様子はnoteに書いています。
7月下旬は暑かったので来年は6月初旬ぐらいに実施時期を早めたいと思います。
来年の旅行先は未定ですが沖縄とか北海道に行きたいなと思っていたりします。

まとめ

そんなこんなでいろいろあった2018年ですが来年は今以上に張り切っていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

スポンサードリンク

«AngularのBehaviorSubjectでコンポーネント間の情報を共有する | メイン

このエントリーのトラックバックURL
コメントを投稿