Androidのviewportに対する数値指定

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日はjQuery Advent Calendar 2013がお休みなのでAndroid Advent Calendar 2013の6日目でブログを書いてみます。

Android端末はviewportに対する数値指定が無視されるといのは有名ですが現状のバージョンではどうなっているか調べてみました。

まず、viewportに対する数値指定とは以下のようにviewportを指定することで任意のviewportが指定できる機能でiPhoneやiPadでは問題なく動作します。

<meta name="viewport" content="width=数値">

まずAndroid2.3.6(GALAXY S2 LTE)で調べたところ、数値にどのような値を指定してもviewportは320に固定されます。これは「width=devce-width」が採用されているのだと思います。

次に、Android 4.2.2(Allows F10-D)、Android 4.1.1(HTC J butterfly HTL21)、Android 4.0(GALAXY NEXUS)で調べてみたところwidth=320以下の値を指定したところviewportは360に固定されます。これも「width=devce-width」が採用されているのだと思います。ただし、330以上を指定したところ指定したviewportが採用されます(325とか細かいのは調べてないです)。

というわけでAndroid4.0以上ではviewportに330以上の数値指定ができるようになっております。

関連エントリー

スマートフォンサイトをデザインする上で知っておくべき10のTIPS
AndroidやiPhoneのHTML,CSS,JavaScriptのバグまとめ
iOSにおけるviewportの指定方法による細かい違い
続:Androidブラウザでviewportのwidth指定
Androidの「target-densitydpi」でviewportの調整

スポンサードリンク

«File APIを使ってみよう | メイン | jQueryでdrag & drop»

このエントリーのトラックバックURL
コメント

こんにちは。
大変参考になります。
ひとつ質問したいのですが、


「width=320以下の値を指定したところviewportは360に固定されます。」

とのことですが丁度320でも勝手に device-width/devicePixelRatio の値になってしまうのでしょうか?

もしそうなら、width=320 は width=device-width としているのと同じだと言える(スマホに限って言えば)ということでしょうか?


よろしくお願いします。

投稿者:アーメン | 2014年6月 6日 15:22
コメントを投稿