[MT4LP5] MTの設置・運用に関するTIPS by 丹羽章

このエントリーをはてなブックマークに追加

MT4LP5の最後のセッション、Online Digital Clock Works丹羽章さんのMTを運用するにあったっての、サーバー周りのインフラについてのセッション。

SQLiteは使わない!

SQLiteはファイルとしてデータを扱うのでセキリュティ面で疑問符が残る。

業務で使う場合はパフォーマンス、セキュリティ、インターネット上の情報に優れたMySQLを利用しよう。

mt-check.cgiでチェック

Movable Type対応だからといってすべのモジュールが入っているわけではない。

特にImage Magickが入っていないとMTを導入する意味は半減する。

お勧めのレンタルサーバー

管理が簡単に出来ること、想定するページビューをさばけること、ランニングコストがかさまないこと、過去の導入で再構築時にエラーなどが出ていないことを基準に選定。

レンタルサーバー選びの基本は「そこそこ信頼できて、人が少ないこと」

CRESERVER.JPは、現在の利用者数が表示されるのでお勧め。

MySQLの文字コード問題

文字コード問題が発生すると、「タグ」が別々に保存される。
~(チルダ)が?に文字化けする。

などの問題が発生する。

MySQLに文字化けして格納してしまうとリカバリーが不可能な場合もある。

実際に文字化けが発生してしまったらコマンドラインから以下のようなコマンドを実行してみよう。

ALTER DATABASE `DB名` DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;
ALTER TABLE `テーブル名` DEFAULT CHARACTER SET utf8 COLLATE utf8_general_ci;

ローカルサーバを作ろう

連動書籍:Movable Type プロフェッショナル・スタイル MT4.1対応で詳しく説明。
かなり詳しく書いているので、ほとんどの方がインストールに成功すると思います。

ローカルサーバーを作ると実証実験環境が手に入り、テンプレートの作成やプラグインの開発を簡単にすることが出来ます。

客先での実機プレゼンもできるようになりますよ。

とりあえずやってみてください!

参考:VistaにXAMPPをインストールする際の注意点

ローカルサーバーで物足りない人は、VirtualBoxやVirtualPCなどの仮想PCで本番環境と同じような環境を作成してみましょう。

サーバー移行とバージョンアップ

標準のバックアップ&復元機能で復元を行うとblog-idがズレル。MultiBlogのさいに問題が。

インポート&エクスポートはタグやテンプレートの移行ができない。エントリーだけ。

サーバー以降はDB移行が確実。
連動書籍:Movable Type プロフェッショナル・スタイル MT4.1対応で詳しく説明。

セキュリティ対策

スクリプトの名称を変えよう。

.htaccessでipアドレスを制御。

日本のサービスプロバイダのドメインはyahoo bb以外は末尾が.jpなので、簡単な正規表現ではじくことが可能。

--

非常に実践的で為になる講座でした。

関連エントリー

[MT4LP5]ユーザー指向の管理画面をつくる by 野田純生
[MT4LP5]プラグインを利用したカスタマイズ by 藤本 壱
[MT4LP5]プラグイン開発と応用 by 関根 元和
[感想]MT4LP5
CSS Nite 「MT4LP5」

スポンサードリンク

«jQueryを使ったサンプルコード | メイン | MT4.1以下で実現するサーバー・サイド・インクルード»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1074
トラックバック内容
» サーバー移転完了 XREA+からCORESERVER(コアサーバー)へ MovableType4.21引っ越し完全マニュアル データベースMySQL 4から5へ移行する方法 from FXテクニカル分析&業者比較Blog
当ブログですが、従来はレンタルサーバーのXREA+に CMSソフトのMovableType をインストールして運営しておりました。     しかしここ最近...
コメントを投稿