RSSの意味と意義

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタ元:RSSリーダーがフツーの人に普及しなかった訳 - Core

RSSネタがここまで盛り上がると思ってなかったのですが、私の意見も書いておきます。

とりあえず一連の流れのまとめ

そもそもRSSリーダーは一般の人向けのツールではない

RSSと略されている方も多いけど、これらで利用されているRSSとはRSSリーダーのこと。

RSSフィードのことをRSSと書かれてる場合もあるのでがんばって読解してください。
(RSSは規格で、RSSリーダーはツール)

私のblogでは、今まで記事を書くときは、意図的に『RSSリーダー』という名詞は利用せずに『Feedリーダー』という名詞を利用してきたのですけど、努力の甲斐もなく『RSSリーダー』のほうが一般的な呼称として定着してきているようですね。

たまにはAtomフィードのことも思い出してあげてください。

さて、本題にもどりますが、まず『一般の人』や『フツーの人』について最初に定義しておきます。

これだと非常に幅が広くて誤読される方も多いと思いますので、今回のこのエントリーでは『パソコンをわりと使っている方』、『インターネットをわりと使っている方』としておきます。

で、それら一般の人にRSSリーダーが普及するかというと、当分はそんなことはないと思います。

RSSリーダーは情報収集やサイト閲覧を、非常に効率的にするツールですが、多くの一般の人は『情報収集』などを必要としていないはず。

つまりRSSリーダーを使う必要すらないはずです。

では、『情報収集』を必要なのにRSSリーダーを使っていない人はなぜ多いのか。

これは使い方がわからないより、情報をどのように収集していいか、つまりどのサイトのフィードを読めばいいのかわからないのではないかと思います。

私が読んでいるフィードはFastladderフィード一覧から見れるんで、どのフィードを読めばいいかわからない人は参考にしてください。

一般の人向けをどこまで意識するのか

サービスを提供する上で、すべての人をターゲットとして設定するのは困難で、ターゲットユーザーを選定してサービスを提供すると思います。

ですので、一般の人に普及してないからといって、そのサービスに問題はないと思います。ターゲットユーザー層である程度普及すれば、そのサービスは普及したといってよいのではないでしょうか?

RSSリーダーなどはコアなインターネットユーザーに対しては、ある程度で、その意味では普及したといってよいのではないでしょうか?
(まだまだRSSリーダーを使うべきなのに使ってない人が多いのも事実ですが)

一般の人たちがRSSリーダーを利用するようになるまで

世の中の一般の人たちがIE6を利用しているますが、IE7が普及すればRSSリーダーを使う人の割合は若干増えるでしょう。(なんとなく使ってその便利さに気づいた人たちが)

IE7のRSSリーダーも非常に使いにくいので、RSSリーダーの魅力を実感できる人は少ないかもしれませんが。

ただ、今後利用者が増加するのは間違いないので、読みにくいフィード(RSSとか)配信しているサイトには手直しをお願いしたいです。

参考:フィードの最適化

全文配信したらアクセスが減るとか、心が狭いことは言わないでください。(これが言いたかった)

関連エントリー

FeedReaderをFastladderに変更
あわせて読みたい
Livedoor Readerを薦める理由
WordPressにRSSリーダーを追加する
FeedBurnerでRSSの閲覧状況を把握する

スポンサードリンク

«SEOセミナー終了しました。 | メイン | CSS Nite 「MT4LP5」»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1107
コメント

そもそも、ネット業界の人間でもRSSを知らないというびっくりな事実も忘れてはいけないですよね。。

モバイルキャリアが標準でRSSサービスを組み込んだら一気に普及すると思っています!

投稿者:じょうじ | 2008年2月22日 00:36

>じょうじさん

コメントありがとうございます。

前にデザイナーさんにアンケートを取ったら1割ぐらいしかフィードリーダーを使ってなくてびっくりした経験があります。

便利だからみんな使えばいいのにって言ったけど使ってくれなさそうな雰囲気でしたw

私はmixiがフィードリーダー機能を取り込めば爆発的に普及すると思うんですよね

サイトの方、フィードリーダーに登録しましたので今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者:西畑一馬 | 2008年2月22日 02:25
コメントを投稿