【Adobe Spry TIPS】onloadイベントを追加する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

JavaScriptはonloadイベントがバッティングした場合、後に記述されているイベントが採用されて先に書かれているイベントは上書きされて実行されません。

SpryのUtils.addLoadListenerを使えばイベントを上書きではなく、追加することに両方のイベントを実行することができます。

この機能を利用する際にはincludesディレクトリ内のSpryDOMUtils.jsを読み込みます。

<script type="text/javascript" src="./includes/SpryDOMUtils.js"></script>

次に追加したいイベントを

Spry.Utils.addLoadListener(追加したいイベント)

のように記述してイベントを追加します。

サンプルとして

alert("通常に書かれた場合読み込まれた時点で実行")
window.onload = function(){
	alert("onloadで設定されたイベント")
}
Spry.Utils.addLoadListener(function(){alert("追加されたイベントされた")})

というのを用意しました。

alert("通常に書かれた場合読み込まれた時点で実行")

は、そのコードが読みこまれた時点でアラートが出します。

window.onload = function(){
	alert("onloadで設定されたイベント")
}

これは、ページ内の要素がすべて読み込まれた時点でアラートを出します。

Spry.Utils.addLoadListener(function(){alert("追加されたイベントされた")})

onloadイベントに追加された順に実行します。

サンプル

【Adobe Spry TIPS】 目次

スポンサードリンク

«【Adobe Spry TIPS】表示するCSVをボタンで切り替える | メイン | 【Adobe Spry TIPS】 アコーディオン»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1157
コメントを投稿