はてなという企業が目指すところ

このエントリーをはてなブックマークに追加

たぶん目指すところではなく、目指さなくてはいけないところなんだろう。

ボクははてなと言う会社が好きだし、はてなのサービスは山ほど利用している。

だけど、はてなが形成するコミニティには、ちょっと抵抗感がある。

池田信夫さんが、梅田望夫さんが、小飼弾さんなど多くのブロガーが、このことに言及されている。

2chなどを生み出さざるえなかった、日本という国の文化的な側面も大きいのだろう。

ある種の匿名性は、他人を気遣う気持ちを忘れさせてしまい、結果、攻撃的な言葉を特定の対象にぶつけてしまう。

ボクのような心の弱いブロガーは、悪意のこもったコメントやブックマークに心を痛めてしまう。

でも、善意のコメントや、ブックマークなんかには、その数倍のうれしい気持ちを与えてもらってる。

なにが言いたいか考えずに書き出したので、オチはないけどボクがやりたかったことは一つなんです。

id:naoyaのblogをみて、はてなという企業が目指すところをすばらしく思い、すごく期待してしまったんです。

だからid:naoyaと、はてなと企業に感謝とエールのトラックバックを送りたかったんです。

関連エントリー

リンク先のはてなブックマーク数を表示するブックマークレット
Wordpressではてなの被ブックマーク数を表示する方法
はてなブックマーク登録用のブックマークレットを設置
「へんな会社」のつくり方
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

スポンサードリンク

«alphafilter.jsライブラリがバージョンアップしました。 | メイン | WebクリエイティブのためのDOM Scripting»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1266
コメントを投稿