【SEO対策tips】最適化された(x)html-a要素

このエントリーをはてなブックマークに追加

a要素はwebサイトがwebサイトである由縁であるハイパーリンク(他の文書や画像などの位置情報)をつかさどる重要な要素になります。
a要素でかまれたテキストはアンカーテキストと呼ばれWEBサイト内の重要なキーワードとして扱われます。

<a href="http://blog.webcreativepark.net/">SEO対策TIPS</a>

この場合『SEO対策TIPS』がアンカーテキストになります。

また、a要素にはtitle属性が存在するので要素の説明をtitle属性内に記述することが可能です。

<a href="http://blog.webcreativepark.net/" title="SEO対策TIP" >SEO対策TIPS</a>

title属性内のキーワードはa要素にマウスオーバーした際にツールチップとして表示されるなどユーザービリティを向上させる上でも役に立つので積極的に利用しましょう。

2つの視点からのseoでも述べたがSEOには外部要因としてリンクポピュラリティというseo手法があり、それをコントロールするのがa要素にになります。
リンクポピュラティに関しては別にこちらで説明します

関連エントリー

【SEO対策TIPS】object要素の最適化
最近のYahoo!カテゴリ登録の効果
rel="nofollow"
正しいSEO会社の選び方
SEO対策TIPSというサイトを作りました。

スポンサードリンク

«【SEO対策tips】最適化された(x)html-dl,dt要素 | メイン | 【SEO対策tips】最適化された(x)html-img要素»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1386
コメントを投稿