【SEO対策tips】最適化された(x)html-meta要素

このエントリーをはてなブックマークに追加

htmlではhead要素内にmeta要素を記述することによってWEBページにさまざまな情報を付加することができます。
検索エンジンが重要に評価するものについて説明します。

name属性-keywords-

<meta name="keywords" content="seo対策,tips,webクリエイター" />

name属性の値をkeywordsとしてcontent属性内にWEBページと関連するキーワードを記述していきます。
以前は検索エンジンはこのキーワードを重要視指定ましたが、関連しないキーワードを多量に記述するサイトが多発した為『ページと関連のないキーワードが記述されているページ』や『多量なキーワードが記述されているページ』に関しては検索エンジンはスパムと判断し、検索結果の順位を下げる傾向があります。

以上のことを注意しましょう。

name属性-description-

<meta name="description" content="正しいseo対策の方法を紹介します" />

name属性の値をdescriptionとしてcontent属性内にWEBページの内容を記述していきます。
検索エンジンによってはこのdescriptionを検索結果の説明として表示するため、ユーザーをサイトに誘導するためのコピーライティングが必要になります。
長すぎても省略されてしまう為100文字程度で収まるようにしましょう。

また、サイトのすべてのwebページで同じdescriptionを使用した場合、検索エンジンはwebページすべてを『似たページ』として評価します。
すべてのページで異なるdescriptionを記述するのが困難な場合はdescriptionを記述しない方かseo効果は高まります。

name属性-robots-

検索エンジンに対してどのようにサイトをクローリングするか指定できます。
name属性の値をrobotsとしてcontentにクローリングの指定を記述します。

<meta name="robots" content="index,follow" />

記述されているWEBページとそこからのリンク先のクローリングを許可します。(無指定と同じ)

<meta name="robots" content="noindex,nofollow" />

記述されているWEBページとそこからのリンク先のクローリングを許可しません。

<meta name="robots" content="index,nofollow" />

記述されているWEBページはクローリングを許可しますが、そこからのリンク先はクローリングを許可しません。

<meta name="robots" content="noindex,follow" />

記述されているWEBページはクローリングを許可しませんが、そこからのリンク先はクローリングを許可します

http-equiv属性-Content-type-

seoとは関係ありませんがブラウザが安定してwebページを表示できるようhttp-equiv属性に気を付けて記述しましょう。

使用している文字コードの情報を記述する。

<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS" />

CSSを使用していることを明示的に宣言する。

<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />

スポンサードリンク

«【SEO対策tips】最適化された(x)html-title要素 | メイン | 【SEO対策tips】最適化された(x)html-h1~h6要素»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1391
コメントを投稿