if文を使ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加

条件分岐です。

<?php
$str="今日は雨";
if($str=="今日は雨"){
 echo "かさをもっていく。";
}
?>

みたいな感じです。
複数の条件も設定できます

<?php
$str="今日は雨";
if($str=="今日は晴れ"){
 echo "日傘を持っていく";
}elseif($str=="今日は雨"){
 echo "かさをもっていく。";
}
?>

のように『elseif』もしくは『else if』で
どんどん条件を追加していけます。

<?php
$str="今日は雨";
if($str=="今日は雨"){
 echo "傘を持っていく";
}else{
 echo "何ももっていかない";
}
?>

『else』は指定した条件以外という意味です。

<?php
$str="今日は雨";
if($str=="今日は雨")echo "傘を持っていく";
?>

のように『{』や『}』を省略した書き方もできるので合わせて覚えておきましょう。

関連エントリー

phpでSmartyを使う方法
smartyで文字を連結する
WEBデザイナーの為のXSS(クロスサイトスクリプティング)入門
PHPの欠点
re:キケンなSQLインジェクション

スポンサードリンク

«変数を使ってみる。 | メイン | array_slice-配列の一部を取得する-»

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.webcreativepark.net/cgi/mt/mt-bt.cgi/1551
コメントを投稿